ダイハツ

ダイハツの買取の為の基本情報

1907年3月に内燃機関の製作と販売を目的として設立した「発動機製造」がダイハツの始まりで、日本で一番歴史の長い量産車メーカーである。軽自動車の分野ではスズキとトップシェア争いをしている。2007年に制定した新グループスローガン“Innovation for Tomorrow”や2011年に制定した新コーポレーションスローガン“もっと軽にできること。”のもと、ガソリンエンジンのみでハイブリッドカー並みの低燃費を実現した「第3のエコカー」を打ち出している。

自動車買取ライターKyamoからダイハツの買取の為の一言

軽自動車の代名詞的存在ともいえるダイハツ。低燃費なガソリン車をつくっており、時代の流れに乗っていると言えるだろう。電気自動車はまだ充電インフラが整っていないし、ハイブリッドはまだ値段が高いので、第3のエコカーを打ち出しているダイハツの今後の成長に期待をしたいところだ。ラインナップも豊富であらゆるニーズに応えられるようになってきている。「軽自動車はちょっと…」と思っている人にも、ぜひ一度どのようなクルマがあるのかチェックしていただきたい。安全性や走行性能も高くなってきている今日の軽を選択するのもアリかもしれない、と思っていただけたら幸いである。

スマートアシストで好調なダイハツムーブ

商品を売る際に、何かオプションをつけることはよくおこなわれている。商品の売り上げは、オプションの良し悪しにも左右される。ここでは、オプションを付けることで、売り上げが向上した例を紹介しよう。

続きを読む

ダイハツが作ったトヨタ車

ダイハツはトヨタの連結子会社だ。1967年からトヨタ自動車と業務提携を結んでおり、1998年にはトヨタがダイハツの株を50パーセント以上購入して子会社化した。これ以降ダイハツはトヨタグループとなった。

続きを読む

アベノミクスで失われた20年の半分を取り戻す

2013年5月13日、トヨタ自動車の豊田会長は、定例記者会見で、為替水準が100円を突破したことについて触れ、「デフレ脱却を目的にした緩和政策の一環と、米国経済の明るさが見えてきたことによるもの。市場原理に沿った動き」と語った。
続きを読む

中古車の狙い目は3年落ち&5万キロ未満

車は高い買い物の一つ。お財布に余裕が無い人にとって自分の希望する車をおいそれと購入することができないことも多い。

しかし、中古車だったら、と思うこともあるだろう。そこで、知りたいのがどのグレードの中古車を購入すべきか、というところだ。これは何を基準にすればよいのだろう。

続きを読む

ダイハツ ミライースの飛び道具

ミライースの魅力を紹介するインタビューでチーフエンジニアの上田亨は「ミライースについては、なんの〝飛び道具〟も持っていないということが最大のアピールポイントです」と自信たっぷりに語った。

続きを読む

ダイハツ21年ぶりの生え抜き社長

ダイハツ工業のトップはこれまで、トヨタ自動車出身者が就任してきたが、2013年3月の人事で、生え抜きの三井正則副社長が社長に昇格することになった。ダイハツ工業が生え抜きの社員を登用するのは21年ぶりのこと。6月27日の株主総会後の取締役会で正式に決定する。
続きを読む

ダイハツのシェアが伸び続けている理由

軽自動車で市場をリードしているダイハツとホンダ。とくにダイハツは、軽自動車のシェアで6年連続して首位に立っており、株価も好調と低迷が続く自動車業界の中でも気を吐いている。その強さの理由を今回は考えてみたい。
続きを読む

ミラココアの買取・査定情報

ラインナップ表

エンジン 駆動方式 トランスミッション グレード 価格(万円) リセールバリュー
0.66L直3DOHC FF/4WD CVT ココア L 113/126.7 0.60/0.49
ココア X 122/135.7 0.60/0.64
ココア プラスX 129/142.2 0.63/0.62
ココア プラスG 139/151.7 0.62/0.63

続きを読む

ムーヴコンテ/ムーヴコンテカスタムの買取・査定情報

ラインナップ表

エンジン 駆動方式 トランスミッション グレード 価格(万円) リセールバリュー
0.66L直3DOHC FF/4WD CVT L 112/124.1 0.63/0.55
X 122/134.1 0.62/0.66
G NAVI 132/144.1 0.55/0.55
カスタムX 132/144.1 0.67/0.67
カスタムG 142/154.1 0.62/0.55
0.66L直3DOHCターボ カスタムRS 149/161.1 0.63/0.55

続きを読む

ミラ/ミラカスタムの買取・査定情報

ラインナップ表

エンジン 駆動方式 トランスミッション グレード 価格(万円) リセールバリュー
0.66L直3DOHC FF/4WD 5速MT Xスペシャル 86/99.7 0.59/0.54
CVT 86/99.7 0.59/0.54
5速MT X 95/108.7 0.63/0.62
CVT 95/108.7 0.63/0.62
Xリミテッド 103/116.7 0.54/0.60
カスタムX 124/137.2 0.50/0.55

※リセールバリューは2011年9月時点での2010年式の参考数値になります。
 あくまで参考数値としてお役立てください。

続きを読む

ムーヴ/ムーヴカスタムの買取・査定情報

ラインナップ表

エンジン 駆動方式 トランスミッション グレード 価格(万円) リセールバリュー
0.66L直3DOHC FF/4WD CVT L 112/124.1 0.63/0.55
X 122/134.1 0.62/0.54
Xリミテッド 132/144.1 0.58/0.55
カスタムX 131/143.1 0.65/0.55
カスタムXリミテッド 142/154.1 0.55/0.55
0.66L直3DOHCターボ カスタムRS 149/161.1 0.66/0.55

続きを読む

タント/タントカスタムの買取・査定情報

ラインナップ表

エンジン 駆動方式 トランスミッション グレード 価格(万円) リセールバリュー
0.66L直3DOHC FF/4WD FF/4WD L 122/134.1 0.62/0.66
X 132/144.1 0.63/0.64
Xリミテッド 142/154.1 0.66/0.66
G 144/156.1 0.65/0.66
カスタムL 148/160.1 0.59/0.66
カスタムX 155/167.1 0.62/0.63
0.66L直3DOHCターボ カスタムRS 163/175.1 0.66/0.67

続きを読む

ブーンの買取・査定情報

ラインナップ表

エンジン 駆動方式 トランスミッション グレード 価格(万円) リセールバリュー
1L直3DOHC FF/4WD CVT ブーンCL 118/131.5 0.50/0.44
ブーンCLリミテッド 131/144.5 0.45/0.43

続きを読む

ダイハツの軽自動車シェアNo.1復活劇

みなさんはダイハツに対しどのようなイメージを持っているだろうか?
おそらく多くの人が軽自動車を販売している会社というイメージを持っているだろう。
実際に、ダイハツは国内での軽自動車シェアでNO.1を獲得しているメーカーである。
続きを読む

ダイハツの歴史


はじめに

ダイハツとスズキは軽自動車2強ということで有名だ。特にダイハツは2007年に軽自動車販売台数でスズキを抜きトップになっている。現在はトヨタの子会社として活躍しているダイハツの歴史について書いていこうと思う。

続きを読む

中古車査定で愛車を高く売るコツ~本番編~

事前準備が終了したら次はいよいよ本番です。少しでも愛車を高く売るために必要な情報が満載です。

数社の査定額を比較する

買取査定をする際に大切なのは1社だけでなく、複数の会社に見てもらうことです。これは複数の会社を競わせるのが目的ではありません。自分の愛車の本当の価値を知るために必要なことです。仮に1つの会社のみに査定の依頼をすれば、実際の価値よりも低い価格を提示される可能性があります。また、買取った車は中古車市場で売られますが、買取業者ごとに中古車販売の流通網は異なります。つまり、各買取業者が得意とするメーカーや車種、ボディタイプは異なります。そのため、査定に出した車の得意・不得意によって査定額に差が出ます。数社に査定を依頼して比較することは愛車を高く売るコツとなります。複数社査定のメリットについては、「一括査定のメリット」で説明しているので、ぜひご覧ください。


査定は人と人で行います~Face to Face~

査定を行うのは人間です。交渉するのはあなたと査定士です。ということは、何を心掛ければ良いのかが見えてくるはずです。洗車や室内清掃を事前に行うべきというのは「中古車査定で愛車を高く売るコツ~事前準備編~」で説明してあります。これは、車に対する愛情を査定士に伝えることができます。人と人との交渉になるのであなたが好印象を与えることができれば、直接査定額に影響しなくても何らかのプラス評価に繋がる可能性があります。逆に悪い印象を持たれてしまうと、その後の交渉が上手くいかないことに加えマイナス評価になる可能性があります。なぜなら、相手は人間だからです。身だしなみをきちんとする、言葉遣いに気を遣うなど、当たり前のことを当たり前に行ってください。そして、愛車に対する熱意をしっかりと伝えてください。買取額が変わらなくてもお互いが気持ちよく交渉できる方が良いでしょう。


即決はNG!!納得がいくまで考えましょう。

「買取額が一番高いところでいいや。」もちろん買取額が一番高いところに売るのがお得です。しかし、査定は人と人で行っています。高額を提示してきた会社の査定士とあなたの相性が良ければ最高ですが、良くないこともあります。逆に買取額は若干低くても相性が良ければその後の手続きを気持ちよく行えるかもしれません。最終的にどの会社と契約をするのか決定するのはあなたです。そして、手続きをするのもあなたです。納得がいくまで考えてください。交渉をしていると、「今日中に返事もらえるなら10万高くしますよ。」というようなことを言われる場合もあります。これは交渉術の一つです。「提示額+10万=それだけの価値が愛車にはある」ということです。つまり「提示額≠愛車の本当の価値」ということです。営業トークで査定の金額を変更する会社は信頼できるでしょうか?素晴らしい会社と言えるでしょうか?素晴らしい会社なら常に本当の価値で愛車を買取ってくれます。即決は控えていろいろな会社から査定してもらい愛車の本当の価値を知りましょう。しかし、注意が必要なのは、日にちが経つに連れて少しずつ中古車としての価値は下がります。考えすぎも禁物なのでバランスを鑑みて愛車を手放しましょう。


何が評価されているのか確認しましょう!

実はあなたが評価されると思っていても、評価されない“モノ”があります。例えばカーナビです。カーナビは高価で数年前の型でも現役で活躍することができます。しかし、数年間の間に新たなカーナビは次々と出てきていて、数年前のものはほとんど価値なしと評価されることが少なくありません。あなたが中古車査定で愛車を買取に出した場合、おそらく次の車の購入を考えるでしょう。その際、新たなカーナビを購入するとなればかなりのお金がかかります。もちろん最新の型を購入すれば機能などが向上していますが、以前使っていたものでも問題ないと思います。もし、後付けのカーナビで取りはずすことができるなら、新しい車に付け替えるのも一つの手です。この判断をしっかりと行うために、何が評価されていて、何が評価されていないのか確認する事を推奨します。