Nボックスの買取・査定情報

 

New Next Nippon Norimonoというキャッチコピーで注目を集めているホンダの新型軽自動車のNボックス。広々とした空間を持つNボックスについて。


 
 
 
 
 
〈歴史〉

2011年12月に発売が開始されたばかりのまだまだ歴史の浅い車種である。ホンダのラインナップで軽自動車が薄いという指摘があったため、ホンダの既存の軽自動車のラインナップに無かったスーパーハイトワゴンであるNボックスを開発することとなった。2012年7月には“新しい可能性をプラスする”というコンセプトのもと、Nボックス+を発売した。

 

〈実用性〉

広々とした車内空間が特徴ということもあり、非常に実用性の高いモデルとなっている。後席に乗車した状態でも多くの荷物を積むことができたり、車高の高さを活かして、かさばる荷物を積みこんだりすることも可能である。また、後席の座面を跳ね上げることでスペースを有効に使うことができる。運転席からの視界も広く、四角いボディ形状により車両感覚も掴みやすくなっているので、運転もしやすいのが特徴である。

 

〈居住性〉

広々とした室内は後席にゆったりとした空間を提供してくれる。そのため、大人が乗車しても狭く感じることなく快適なドライブを楽しむことができる。居住性は軽自動車とは思えないほど高くなっている。

 

〈ライバル車種と比べて〉

ライバルにはダイハツタントやスズキパレットなどのハイルーフの軽自動車があげられる。Nボックスはデビューしたばかりの後発モデルなので、ライバル車種をしっかりと研究していると思われる。実用性や居住性で圧倒的な差別化を図るだけでなく、走行性能でも上回っているように思える。特に全高が高いモデルはコーナリング時の安定性に欠けるが、Nボックスはライバル車種と比べると安定性が高いように感じる。

 

Nボックスの基本情報

ボディタイプ 軽自動車
乗車定員 4名
メーカー希望小売価格 124万円~
10・15モード燃費 18.8~24.5km/L
JC08モード燃費 18.2~22.2km/L
総排気量 0.66L

 

Nボックスの主要諸元(グレード:G・Lパッケージ/CVT)

全長×全幅×全高 3395×1475×1770
ホイールベース 2520mm
車両重量 930kg
最小回転半径 4.5m
エンジン形式 直列3気筒DOHC
総排気量 658cc
最高出力(kW[ps]/rpm 43[58]/7300
最高トルク(Nm[kgm]/rpm 65[6.6]/3500
  • このエントリーをはてなブックマークに追加