マツダ

マツダの買取の為の基本情報

1920東洋コルク工業として設立したのがマツダの始まり。1979年にはアメリカのフォードと資本提携し、現在も戦略的提携関係は続いている。キャッチコピーは「Zoom-Zoom-もっと走りたくなる」であり、「Zoom-Zoom」は英語で「ブーブー!」を意味するコドモ言葉である。幼い頃に、多くの人が感じる、動くものへの憧れ。そのピュアな気持ちを忘れない。という想いが込められている。マツダを象徴するものと言えばロータリーエンジンであり、1961年に開発が始まった。現在ロータリーエンジンを搭載した自動車を生産しているメーカーは世界でマツダのみである。

自動車買取ライターKyamoからマツダの買取の為の一言

ハイブリッドカーや電気自動車の分野では遅れをとっているが、ガソリン車の分野では他のメーカーに比べて高い技術があり活躍している印象がある。これはマツダの主幹モデルであるコンパクトカーのデミオがリッター30km(10・15モード)という世界最高水準の低燃費を実現していることがテレビCMなどで大きく宣伝された結果だと思われる。現在ハイブリッドカーはまだまだ高価なため、ガソリン車であるにもかかわらずエコなマツダのクルマは今後も伸びていくと思われる。

ロードスターの基本情報

純粋に車を操る楽しさや、走る歓びを味わいたい人におススメで、手軽にオープンエアを楽しめるマツダのロードスターについて。

 
続きを読む

マツダの歴史

はじめに

マツダはロータリーエンジンやスカイアクティブテクノロジーなど技術のあるメーカーとして知られている。
 2002年からは「ZOOM-ZOOM もっと乗りたくなる。」をキャッチコピーとし、2009年には広島東洋カープの本拠地である「広島市民球場」の名前が、「MAZDA ZOOM-ZOOMスタジアム広島」に変更されている。そんなマツダの歴史について書いていこうと思う。 続きを読む

マツダ、5年ぶりの黒字

 マツダは、国内シェアが数%と低く、輸出比率の非常に高い企業である。そのため、他の自動車メーカーに比べて為替変動の影響が大きく、円安円高の変動によって赤字と黒字を行き来している。
続きを読む

ベリーサの基本情報

上質なつくりがなされていて、デザインが特徴的なマツダのコンパクトカーベリーサ。高級コンパクトカーのベリーサについて。

 
続きを読む

ビアンテの基本情報

流麗で流れるようなスタイルを持っているマツダのビアンテ。他のミニバンにはない独特なデザインが人気を集めている。

 
続きを読む

デミオの基本情報

マツダの代名詞的存在とも言えるデミオ。高い省燃費性能を武器としたコンパクトカーの魅力について。

 
続きを読む

アテンザセダンの基本情報

スポーティな走りが特徴のアテンザセダンは世界中で数多くの賞を獲得している実力あるセダンである。世界戦略車のアテンザセダンについて。

 
続きを読む

アテンザスポーツの基本情報

走りにこだわりのあるマツダの主幹モデルの1つであるアテンザ。そんなアテンザのスポーティなモデルとして活躍しているアテンザスポーツについて。

 
続きを読む