メルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツの買取の為の基本情報

1926年に設立されたベンツ社とダイムラー社が合併してできたメルセデス・ベンツは、世界最古の自動車メーカーである。使用されているエンブレム「スリー・ポインテッド・スター」の星が指し示すのはそれぞれ「陸・海・空」である。これは自動車の分野だけでなく、あらゆる分野で活躍し「陸・海・空」で頂点を目指そうという創設者の考えを表現したものである。カーラインナップも充実しており、安全性や技術面、デザイン面でも常に自動車業界を牽引する存在として、現在も世界で活躍するメーカーの一つである。

自動車買取ライターKyamoからメルセデス・ベンツの買取の為の一言

ベンツと言えば高級車の代名詞的存在であるが、実は比較的お求めやすいモデルも用意されている。また、ラインナップが豊富で、あらゆるお客様の「こんな車が欲しいな」というニーズに応えられるようになっている。日本の都市部においては見かけることも多いが、庶民の憧れでもあるベンツに乗ってみたいという人は、一度どのようなランナップがあるのかチェックしてみてはいかがでしょうか。もしかしたら、手の届く価格で自分マッチしたクルマが見つかるかもしれません。

各メーカーのリセールバリューについて

各メーカーのリセールバリューに関する情報です。各メーカーの特性を知ってお得な中古車査定を目指しましょう。

トヨタ

故障が少ないことや信頼性が高いというイメージがあり、非常にリセールバリューが高いトヨタの車。実際には生産台数が多いヴィッツやカローラなどの車種は故障が少ないが、その他の車種に関しては他の日本車と比べても大差ないのが現状である。それでも、日本を代表する自動車メーカーということもあり、他メーカーよりも高い信頼を獲得している。新車販売価格は若干他メーカーよりも高いという印象を受けるが、リセールバリューが高く中古車査定にだしても高額買取に繋がることが多いので、購入している人が多いように感じる。中古車市場においては人気のある車が高額で買取されるので、トヨタというブランドだけで査定額がプラスになるだろう。トヨタの車を所有している方は是非一括査定で愛車の価値を知ってみてはいかがだろうか。

トヨタのリセールバリューを知りたい方はこちら>>


日産

日産の車はセレナやエルグランドなどのミニバンをはじめ、エクストレイルなどのSUV、マーチやキューブなどのコンパクトカーなど、ボディタイプに関わらず人気車種が数多く存在する。人気のある車種は中古車市場での買取や販売が活発である。質の良い車を安く見つけることも可能で、中古車査定でも高額が付くことが多い。また、日産はマーチを生産するなどグローバルな生産を行うことで新車販売価格を下げることに成功している。しかし、車種によっては故障が多いことがある。特に2006年以前に生産された日産のCVT車を中古で購入する際には注意が必要である。

日産のリセールバリューを知りたい方はこちら>>


ホンダ

日本車の中ではトヨタに次ぐリセールバリューの高さを誇るホンダの車。エンジン性能の高さは評価されており、高回転でもスムーズに回ることが特徴である。ホンダはトヨタと比べると会社自体が小さく、ラインナップが少ないが、その分フィットやオデッセイ、フリードなど人気の高い車種が用意されている。故障が少なく、信頼力、人気の観点からもリセールバリューが高いのも頷ける。中古車査定に出した場合、思っていたよりも高額買取に繋がることの多いメーカーである。

ホンダのリセールバリューを知りたい方はこちら>>


マツダ

以前はリセールバリューが低いことで有名だったマツダ。しかし、現在はエコカーやコンパクトカー人気という時代の流れもあり、徐々にリセールバリューも高くなってきている。特にガソリン車であるコンパクトカーのデミオは人気が高く、燃費性能も優れているので中古車市場でも頻繁に買取や販売が行われている。マツダは車種によってはまだまだリセールバリューにバラつきがあるものの、一度中古車査定に出してみないとどれだけの価値が付くのかわからないメーカーともいえる。

マツダのリセールバリューを知りたい方はこちら>>


三菱

リコール隠し問題やエンジントラブルなどマイナスイメージを与える事柄が多く、信用を失ってしまった三菱自動車。徐々に信用回復に努めているが、ブランドイメージの回復にはまだ時間がかかると予想される。実際にリセールバリューも他のメーカーと比べると安いのが現状である。しかし、技術力が高いのは事実であり、パジェロをはじめとするSUVやランエボなどのスポーツカーは人気が高いので、中古車査定に出したら思っていたよりも高額買取に繋がる場合もあるだろう。

三菱のリセールバリューを知りたい方はこちら>>


スバル

中古車市場は現在注目されているが、特に注目されているのはコンパクトカーを中心としたエコカーである。スバルの車は時代の流れに逆らうインプレッサやレガシーなどのスポーティな車が多く、買い手がなかなか見つからないことが多いので、高額買取に繋がりにくい。水平対向エンジンの採用など一般受けをしない車種はリセールバリューが低く、査定時に低い評価を付けられてしまうことが多いので注意が必要である。

スバルのリセールバリューを知りたい方はこちら>>


BMW

BMWの中でも特に3シリーズは人気が高く、リセールバリューが高いので中古車査定でも高額買取に繋がることが多い。しかし、注意が必要なのは大幅なモデルチェンジがあること。3シリーズの場合は約7年に一度モデルチェンジが行われるので、その周期を頭に入れて購入時には手放すときのことを考えた方が良い。また、メルセデスベンツCクラスやアウディA4のモデルチェンジもBMW3シリーズの査定額に影響与える可能性があるので注意が必要である。

BMWのリセールバリューを知りたい方はこちら>>


ボルボ

安全性の高いボルボの車だが安全性だけでなく耐久性にも優れている。ボルボの車は10年乗っても10万キロ乗っても壊れないというイメージが強く、実際に故障が少なく壊れにくい車である。もし、ボルボの車を中古車査定に出す場合は、年数や年式の割には高額の買取になる可能性が高い。しかし、人気のないモデルは高額になりにくいので、車購入時にリセールバリューを考えることを忘れないでほしい。

ボルボのリセールバリューを知りたい方はこちら>>


ベンツ

ベンツは都内でよく見かけるメーカーである。よく見かけるということは人気が高いということなので、リセールバリューが高く中古車査定でも高額が付く可能性が高い。しかし、注意が必要なのは過度な改造をしないことである。ベンツの車を改造しているのを見かけることが多いが、ホイールを替えたり、ドレスアップをしたりなどの改造は大幅な査定額ダウンに繋がる。お金をかけて改造しているのだから買取額が高くなると思われがちだが、改造してある車はそうでない車よりもニーズが無い。つまり、ニーズがなければ買取額も下がるということである。

ベンツのリセールバリューを知りたい方はこちら>>


ロールスロイス

ロールスロイスの車は1台1台オーダーメイドでつくられているので、中古車市場で自分の好みの車が見つかる可能性が少ない。そもそも、流通台数が少ないし、価格も高いので一般人には関係のない話ではあるが、さまざまなオプションを選べるのがロールスロイスの特徴である。オプションによっては査定額のプラスに繋がるどころかマイナスに繋がるものもあるので注意が必要である。自分にとって有益なオプションが他人にとって有益とは限らないため、第三者の目線からオプションの価値をしっかりと見極めることが高額買取に繋がる。

ロールスロイスのリセールバリューを知りたい方はこちら>>

中古車査定で愛車を高く売るコツ~本番編~

事前準備が終了したら次はいよいよ本番です。少しでも愛車を高く売るために必要な情報が満載です。

数社の査定額を比較する

買取査定をする際に大切なのは1社だけでなく、複数の会社に見てもらうことです。これは複数の会社を競わせるのが目的ではありません。自分の愛車の本当の価値を知るために必要なことです。仮に1つの会社のみに査定の依頼をすれば、実際の価値よりも低い価格を提示される可能性があります。また、買取った車は中古車市場で売られますが、買取業者ごとに中古車販売の流通網は異なります。つまり、各買取業者が得意とするメーカーや車種、ボディタイプは異なります。そのため、査定に出した車の得意・不得意によって査定額に差が出ます。数社に査定を依頼して比較することは愛車を高く売るコツとなります。複数社査定のメリットについては、「一括査定のメリット」で説明しているので、ぜひご覧ください。


査定は人と人で行います~Face to Face~

査定を行うのは人間です。交渉するのはあなたと査定士です。ということは、何を心掛ければ良いのかが見えてくるはずです。洗車や室内清掃を事前に行うべきというのは「中古車査定で愛車を高く売るコツ~事前準備編~」で説明してあります。これは、車に対する愛情を査定士に伝えることができます。人と人との交渉になるのであなたが好印象を与えることができれば、直接査定額に影響しなくても何らかのプラス評価に繋がる可能性があります。逆に悪い印象を持たれてしまうと、その後の交渉が上手くいかないことに加えマイナス評価になる可能性があります。なぜなら、相手は人間だからです。身だしなみをきちんとする、言葉遣いに気を遣うなど、当たり前のことを当たり前に行ってください。そして、愛車に対する熱意をしっかりと伝えてください。買取額が変わらなくてもお互いが気持ちよく交渉できる方が良いでしょう。


即決はNG!!納得がいくまで考えましょう。

「買取額が一番高いところでいいや。」もちろん買取額が一番高いところに売るのがお得です。しかし、査定は人と人で行っています。高額を提示してきた会社の査定士とあなたの相性が良ければ最高ですが、良くないこともあります。逆に買取額は若干低くても相性が良ければその後の手続きを気持ちよく行えるかもしれません。最終的にどの会社と契約をするのか決定するのはあなたです。そして、手続きをするのもあなたです。納得がいくまで考えてください。交渉をしていると、「今日中に返事もらえるなら10万高くしますよ。」というようなことを言われる場合もあります。これは交渉術の一つです。「提示額+10万=それだけの価値が愛車にはある」ということです。つまり「提示額≠愛車の本当の価値」ということです。営業トークで査定の金額を変更する会社は信頼できるでしょうか?素晴らしい会社と言えるでしょうか?素晴らしい会社なら常に本当の価値で愛車を買取ってくれます。即決は控えていろいろな会社から査定してもらい愛車の本当の価値を知りましょう。しかし、注意が必要なのは、日にちが経つに連れて少しずつ中古車としての価値は下がります。考えすぎも禁物なのでバランスを鑑みて愛車を手放しましょう。


何が評価されているのか確認しましょう!

実はあなたが評価されると思っていても、評価されない“モノ”があります。例えばカーナビです。カーナビは高価で数年前の型でも現役で活躍することができます。しかし、数年間の間に新たなカーナビは次々と出てきていて、数年前のものはほとんど価値なしと評価されることが少なくありません。あなたが中古車査定で愛車を買取に出した場合、おそらく次の車の購入を考えるでしょう。その際、新たなカーナビを購入するとなればかなりのお金がかかります。もちろん最新の型を購入すれば機能などが向上していますが、以前使っていたものでも問題ないと思います。もし、後付けのカーナビで取りはずすことができるなら、新しい車に付け替えるのも一つの手です。この判断をしっかりと行うために、何が評価されていて、何が評価されていないのか確認する事を推奨します。