レクサス

レクサスの買取の為の基本情報

トヨタ自動車の高級車ブランドとして、1989年よりアメリカで展開が始まった。日本国内での事業展開は2005年からであり、当時の「壊れないが、安物の大衆車」という日本の車のイメージを変えた。最上級モデルのLSを筆頭に、オープンカーやハイブリッドのラインナップも数多く出していて、プレミアムブランドとしての地位を守っている。また、保障やサービスも充実していて、トヨタとの差別化を図ると同時にレクサスオーナーの心をがっちり掴んでいる。

自動車買取ライターKyamoからレクサスの買取の為の一言

日本車の中でも高級車ブランドとして有名なレクサスは、とても人気の高いメーカーである。トヨタ自動車のプレミアムブランドとして活躍しており、トヨタ車で人気のあるモデルの姉妹車も数多く出ていることから、老若男女問わず基本的には富裕層から人気を集めている。レクサスの強みと言えばサービスの良さである。丁寧でスピーディな対応が顧客の満足度を上げていると思われる。ブランドイメージを守るために値引きを一切行わないという噂もあるので、レクサスのお店に足を運ぶ際には、無理な交渉などは避けないと恥をかく可能性があるのでご注意を。

魅力的なレクサス

トヨタ自動車の米国法人である米国トヨタ販売は、6月の米国新車販売台数を公表した。
結果は総売り上げ台数が19万5235台と、前年同月比は9.8%増で、2か月連続前年実績を上回った。

続きを読む

売れるレクサスIS

日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が7月1日に発表した、6月の新車販売台数は、前年同月比10.8%減の450,828台となり、2カ月連続で前年実績を下回っており、国内自動車産業は冷え込んでいるようである。

続きを読む

レクサスの歴史

〈はじめに〉
トヨタ自動車の最上級ブランドとして世界中で展開しているレクサス。日本だけでなく世界で高級車として認知されているレクサスだが、日本での歴史はまだまだ短い。そんなレクサスの歴史について書いていこうと思う。
続きを読む

レクサスとトヨタ車の違い

レクサス車とトヨタ車の違いについて

 少し車に詳しい方なら、レクサスで販売されている多くのモデルはトヨタで販売されているモデルの姉妹車であったり、同じプラットフォームを使用したりしていることをご存知だろう。

 レクサスはもともと、上質な高級車を世界で展開させるために作られたトヨタの中のブランドである。そのため、トヨタのラインナップの中でも高いグレードのモデルが、海外ではレクサスブランドとして販売が行われていたのである。そんなレクサスブランドが2005年から、日本市場にも展開されるようになり、現在、日本市場には、トヨタとレクサスの両ブランドが展開されているのである。

 両ブランドが展開されているが、ラインナップは似ている。それもそのはず、両ブランドとも元を辿ればトヨタだからである。

 トヨタブランドで販売が行われているハイブリッドカーのSAI(サイ)。レクサスブランドで販売が行われているハイブリッドカーのHS。これら2つのモデルは、同じエンジンを使用し、若干の車格は違うものの、人によっては同じ車と思うだろう。しかし、価格は異なり、明らかにHSの方が高くなっている。

 では、この2つのモデルの違いは何なのか?
今回はレクサスブランドとトヨタブランド、それぞれから展開されているモデルの違いについて書いていこうと思う。

続きを読む

RXの買取・査定情報

RXのリセールバリュー情報

 レクサスだけでなく、国産車の中でもトップクラスのリセールバリューを誇っているRX。国内での人気の高さに加えて、国外でも非常に人気が高く、日本で中古車買取されたRXが国外に輸出されることもある。特に国外でのSUVの人気が高く、今後も伸び続けると思われるので、値崩れの心配がない。中古車市場で価格を決めるのは、需要と供給であり、需要は前述の通り非常に高くなっている。供給は新車価格が高いため、他の国産SUVと比べると少なくなっている。そのため、需要過多の状態になっており、高いリセールバリューを誇っている。
続きを読む

RXの基本情報

 

SUVでありながらSUVらしくない居住性の高さを実現しているレクサスRX。高級サルーンと比較しても遜色ない居住性を誇っている。

 
続きを読む

LSの買取・査定情報

LSのリセールバリュー情報

 レクサスの最上級モデルであるLS。レクサスという高級ブランドの最上級モデルということで、どのグレードもかなり高額である。新車価格が高いことやブランド力が高いので、中古車市場での価格も高く、売却額も高くなっている。
続きを読む

LSの基本情報

 

レクサスの最上級フラッグシップとして活躍しているLS。ハイブリッドモデルやロングボディモデルも用意しており、運転手を用意しているLSも少なくない。

 
続きを読む

ISの買取・査定情報

ISのリセールバリュー情報

 レクサスISのライバルとなる車にはBMW3シリーズやベンツCクラス、アウディA4など、多くの欧州車があげられる。これらのモデルはリセールバリューが高く、ISももちろん高くなっている。しかし、リセールバリューが平均的に高いレクサスモデルの中では、IS はISFを除いて低い方である。
続きを読む

ISの基本情報

 

ミドルサイズのセダンということもあり世界中で活躍しているレクサスIS。オープンモデルのISCやスポーツ性能に特化したISFも用意している。

 
続きを読む

HSの買取・査定情報

HSのリセールバリュー情報

 レクサス初のハイブリッド専用モデルとして登場したHSはデビュー当初はエコカー減税や補助金の効果もあり、1万台の受注を達成した注目のモデルであった。デビューから3年経った現在もハイブリッドモデルの人気は高く、新車・中古車問わず人気を集めている。そのため非常に高いリセールバリューを誇っている。
続きを読む

HSの基本情報

 

レクサス初のハイブリッド専用モデルとして登場し、注目を集めたHS250h。プレミアムセダンの新たな形として登場したHS250hについて。

 
続きを読む

GSの買取・査定情報

GSのリセールバリュー情報

非常に高額での売却を狙うことができるレクサスGS。しかし、2012年1月に4代目が登場したので、それ以前のモデルについてはリセールバリューが低くなってしまった。
続きを読む

GSの基本情報

ハイブリッドモデルも用意している大型セダンのレクサスGS。走行性能や動力性能が高く、運転していて楽しいGSについて。

 

続きを読む

CTの買取・査定情報

CTのリセールバリュー情報

 2011年に販売が開始されたレクサスのCTの詳細なリセールバリューは現在調査中である。予想ではレクサスの車はモデルに関わらず比較的高いリセールバリューを誇っているので、CTも高くなると思われる。
続きを読む

CTの基本情報

 

レクサスブランドで初となるハッチバックモデルのCT200h。ハイブリッドカーとして人気を集めているCT200hについて。

 
続きを読む

中古車査定で愛車を高く売るコツ~本番編~

事前準備が終了したら次はいよいよ本番です。少しでも愛車を高く売るために必要な情報が満載です。

数社の査定額を比較する

買取査定をする際に大切なのは1社だけでなく、複数の会社に見てもらうことです。これは複数の会社を競わせるのが目的ではありません。自分の愛車の本当の価値を知るために必要なことです。仮に1つの会社のみに査定の依頼をすれば、実際の価値よりも低い価格を提示される可能性があります。また、買取った車は中古車市場で売られますが、買取業者ごとに中古車販売の流通網は異なります。つまり、各買取業者が得意とするメーカーや車種、ボディタイプは異なります。そのため、査定に出した車の得意・不得意によって査定額に差が出ます。数社に査定を依頼して比較することは愛車を高く売るコツとなります。複数社査定のメリットについては、「一括査定のメリット」で説明しているので、ぜひご覧ください。


査定は人と人で行います~Face to Face~

査定を行うのは人間です。交渉するのはあなたと査定士です。ということは、何を心掛ければ良いのかが見えてくるはずです。洗車や室内清掃を事前に行うべきというのは「中古車査定で愛車を高く売るコツ~事前準備編~」で説明してあります。これは、車に対する愛情を査定士に伝えることができます。人と人との交渉になるのであなたが好印象を与えることができれば、直接査定額に影響しなくても何らかのプラス評価に繋がる可能性があります。逆に悪い印象を持たれてしまうと、その後の交渉が上手くいかないことに加えマイナス評価になる可能性があります。なぜなら、相手は人間だからです。身だしなみをきちんとする、言葉遣いに気を遣うなど、当たり前のことを当たり前に行ってください。そして、愛車に対する熱意をしっかりと伝えてください。買取額が変わらなくてもお互いが気持ちよく交渉できる方が良いでしょう。


即決はNG!!納得がいくまで考えましょう。

「買取額が一番高いところでいいや。」もちろん買取額が一番高いところに売るのがお得です。しかし、査定は人と人で行っています。高額を提示してきた会社の査定士とあなたの相性が良ければ最高ですが、良くないこともあります。逆に買取額は若干低くても相性が良ければその後の手続きを気持ちよく行えるかもしれません。最終的にどの会社と契約をするのか決定するのはあなたです。そして、手続きをするのもあなたです。納得がいくまで考えてください。交渉をしていると、「今日中に返事もらえるなら10万高くしますよ。」というようなことを言われる場合もあります。これは交渉術の一つです。「提示額+10万=それだけの価値が愛車にはある」ということです。つまり「提示額≠愛車の本当の価値」ということです。営業トークで査定の金額を変更する会社は信頼できるでしょうか?素晴らしい会社と言えるでしょうか?素晴らしい会社なら常に本当の価値で愛車を買取ってくれます。即決は控えていろいろな会社から査定してもらい愛車の本当の価値を知りましょう。しかし、注意が必要なのは、日にちが経つに連れて少しずつ中古車としての価値は下がります。考えすぎも禁物なのでバランスを鑑みて愛車を手放しましょう。


何が評価されているのか確認しましょう!

実はあなたが評価されると思っていても、評価されない“モノ”があります。例えばカーナビです。カーナビは高価で数年前の型でも現役で活躍することができます。しかし、数年間の間に新たなカーナビは次々と出てきていて、数年前のものはほとんど価値なしと評価されることが少なくありません。あなたが中古車査定で愛車を買取に出した場合、おそらく次の車の購入を考えるでしょう。その際、新たなカーナビを購入するとなればかなりのお金がかかります。もちろん最新の型を購入すれば機能などが向上していますが、以前使っていたものでも問題ないと思います。もし、後付けのカーナビで取りはずすことができるなら、新しい車に付け替えるのも一つの手です。この判断をしっかりと行うために、何が評価されていて、何が評価されていないのか確認する事を推奨します。