やっておくと中古査定業者に喜ばれること|ダイハツ買取査定ならV-car査定

トップページ > ダイハツ中古車の買取・査定 > やっておくと中古査定業者に喜ばれること

やっておくと中古査定業者に喜ばれること

やっておくと中古査定業者に喜ばれること

大切な愛車を少しでも高く買い取って貰いたい、と考えるのはオーナーなら誰しも思うこと。ちょっとした気遣いで、中古査定業者に喜ばれ、買取額をアップさせることになるかもしれない。車を持っていくまでにしておきたい、自分でできるテクニックを紹介しよう。

まずは、絶対に抑えておきたいことから。車屋に持っていく前は、洗車とワックスで綺麗にしておくこと。これはマストだ。ただ、車が綺麗に磨かれているといって、それによって査定額が前後することはほとんどない。しかし、それでも綺麗にするのは買取してもらう業者への礼儀という面と、普段から車を大切にしているということがある。これによって心象がよくなって評価が上がりやすくなることもあるだろう。

洗車&

逆に言えば、汚い状態で持っていくと、せっかく状態の良い車でも少しマイナスに査定されることもあるということだ。外から見えるところだけでなく、車内の清掃や匂いをとっておくことも忘れてはいけない。

メンテナンスはアピールすべきポイントだ。定期点検や車検をきちんと行なっている車は信頼性が高いので評価も高くなりやすい。点検記録簿や取扱説明書はあったら喜ばれるので準備しておこう。とくに、点検記録簿は車の履歴書ともなるので大切だ。

車の傷

傷があった場合は直しておくべきだろうか。そのときは修理額と査定のマイナス評価を比較してみよう。修理をしても金銭的に損になる場合は、直さないほうが得ということもありえる。同様に車検が間近に近づいている場合、お金をかけて車検を通しても、その分の上積みが見込めなかったら意味が無い。その場合は車検間近でも車検は通さないで良いだろう。