車の走りを彩るBGM

ドライブ中に音楽をかけると、とても心地よい。車と音楽の関係はとても重視されて、CMでもBGMとして、車のイメージを高めてくれる曲が使用される。

続きを読む

ライフの買取・査定情報

 

軽自動車に求められる運転のしやすさや使い勝手の良さを徹底的に追求しているホンダのライフ。軽自動車の中でもベーシックなライフについて。

続きを読む

ステップワゴンの買取・査定情報

ステップワゴンのリセールバリュー情報

非常にリセールバリューの高いホンダのステップワゴン。ミニバンの中でもトップクラスの人気を誇るステップワゴンは新車市場でも中古車市場でも人気を集めている。
続きを読む

ストリームの買取・査定情報

ストリームのリセールバリュー情報

車高をかなり抑えてあるホンダストリームは、3列目が狭くて使いにくいため、他のミニバンと比べると人気はやや低くなっている。
続きを読む

エリシオンの買取・査定情報

価格が高いこともあり、新車市場での売れ行きは今一つとなっている。もともと知名度が低いことに加え、車格の近いトヨタエスティマの人気があるため、注目を集めていないモデルである。
続きを読む

オデッセイの買取・査定情報

オデッセイのリセールバリュー情報

スポーティなミニバンとして人気を集めているホンダのオデッセイ。走行性能の高いミニバンというと、ほとんどの方がオデッセイを思い浮かべるだろう。それくらいあらゆるユーザーから認知されており人気をあつめているモデルである。
続きを読む

フリードの買取・査定情報

フリードのリセールバリュー情報

非常にリセールバリューの高いホンダのフリード。コンパクトサイズのミニバンでありながら、高い車高のボディを持っているので、居住性も高い。そのため、人気を集めているのである。
続きを読む

フリードスパイクの買取・査定情報

フリードスパイクののリセールバリュー情報

非常に高いリセールバリューがつくホンダのフリードスパイク。新車市場での人気はもちろんのこと、中古車市場でも人気を集めているため、高いリセールバリューがついているのである。 続きを読む

フィットシャトルの買取・査定情報

フィットシャトルのリセールバリュー情報

新車市場・中古車市場ともに人気の高いホンダのフィットシャトルはリセールバリューも高く、高額での買取になる可能性の高いモデルである。
続きを読む

アコードツアラーの買取・査定情報

アコードツアラーのリセールバリュー情報

ホンダアコードツアラー自体の新車市場や中古車市場での人気は今一つという状況である。しかし、現在日本で人気の高いボディタイプのワゴンということでリセールバリューは平均的となっている。
続きを読む

CR-Vの買取・査定情報

 

ホンダが唯一ラインナップに用意しているSUVのCR-V。日本市場でも人気を集めているが、海外でも人気を集めているCR-Vについて

続きを読む

ASIMO開発秘話

20世紀の終わりの2000年に登場して、ロボット技術の新たな展開を予感させたホンダのASIMO。世界中からの注目を集めたヒューマノイド・ロボットになった。だが、その開発秘話を知っているだろうか。ASIMOの開発にはホンダのモノづくりに対する姿勢が反映されたものになった。

続きを読む

ハイブリッドカーを先に開発していたのは実はホンダ

ハイブリッドカーの先駆けと言えば、トヨタのプリウスが有名だ。そのため、ハイブリッドカーを世界で初めて開発したのはトヨタと思われることも多い。しかし、ハイブリッドカーを先に開発していたのは実はホンダということを知っているだろうか。

続きを読む

ライフの基本情報

 

軽自動車に求められる運転のしやすさや使い勝手の良さを徹底的に追求しているホンダのライフ。軽自動車の中でもベーシックなライフについて。

続きを読む

ゼストの基本情報

 

家族にとって最高の車を目指しているホンダゼストは広くて使いやすく、ファミリーカーとして人気を集めているモデルである。

続きを読む

フィットハイブリッドの基本情報

 

ホンダの大人気車種フィットのハイブリッドモデルとして活躍しているフィットハイブリッド。コンパクトカー×ハイブリッドで高い環境性能を誇っているフィットハイブリッドについて。

続きを読む

本田宗一郎と本田技研工業の歩みについて

日本だけでなく世界を代表する本田技研工業。
そんな本田技研工業の創設者である本田宗一郎。世界的にも有名な経営者であり、彼がいなければ現在の本田技研工業は存在していないし、自動車業界の成長にも一役買っている存在である。

本田宗一郎の伝説的なエピソードや名言は多く、インターネットで検索をすれば数多く出てくるだろう。そのため、今回はあまり検索しても出てこない本田宗一郎と本田技研工業の歩みについて書いていこうと思う。

続きを読む