スマートアシストで好調なダイハツムーブ

商品を売る際に、何かオプションをつけることはよくおこなわれている。商品の売り上げは、オプションの良し悪しにも左右される。ここでは、オプションを付けることで、売り上げが向上した例を紹介しよう。

続きを読む

ダイハツが作ったトヨタ車

ダイハツはトヨタの連結子会社だ。1967年からトヨタ自動車と業務提携を結んでおり、1998年にはトヨタがダイハツの株を50パーセント以上購入して子会社化した。これ以降ダイハツはトヨタグループとなった。

続きを読む

アベノミクスで失われた20年の半分を取り戻す

2013年5月13日、トヨタ自動車の豊田会長は、定例記者会見で、為替水準が100円を突破したことについて触れ、「デフレ脱却を目的にした緩和政策の一環と、米国経済の明るさが見えてきたことによるもの。市場原理に沿った動き」と語った。
続きを読む

中古車の狙い目は3年落ち&5万キロ未満

車は高い買い物の一つ。お財布に余裕が無い人にとって自分の希望する車をおいそれと購入することができないことも多い。

しかし、中古車だったら、と思うこともあるだろう。そこで、知りたいのがどのグレードの中古車を購入すべきか、というところだ。これは何を基準にすればよいのだろう。

続きを読む

ダイハツ ミライースの飛び道具

ミライースの魅力を紹介するインタビューでチーフエンジニアの上田亨は「ミライースについては、なんの〝飛び道具〟も持っていないということが最大のアピールポイントです」と自信たっぷりに語った。

続きを読む

ダイハツ21年ぶりの生え抜き社長

ダイハツ工業のトップはこれまで、トヨタ自動車出身者が就任してきたが、2013年3月の人事で、生え抜きの三井正則副社長が社長に昇格することになった。ダイハツ工業が生え抜きの社員を登用するのは21年ぶりのこと。6月27日の株主総会後の取締役会で正式に決定する。
続きを読む

ダイハツのシェアが伸び続けている理由

軽自動車で市場をリードしているダイハツとホンダ。とくにダイハツは、軽自動車のシェアで6年連続して首位に立っており、株価も好調と低迷が続く自動車業界の中でも気を吐いている。その強さの理由を今回は考えてみたい。
続きを読む

ミラココアの買取・査定情報

ラインナップ表

エンジン 駆動方式 トランスミッション グレード 価格(万円) リセールバリュー
0.66L直3DOHC FF/4WD CVT ココア L 113/126.7 0.60/0.49
ココア X 122/135.7 0.60/0.64
ココア プラスX 129/142.2 0.63/0.62
ココア プラスG 139/151.7 0.62/0.63

続きを読む

ムーヴコンテ/ムーヴコンテカスタムの買取・査定情報

ラインナップ表

エンジン 駆動方式 トランスミッション グレード 価格(万円) リセールバリュー
0.66L直3DOHC FF/4WD CVT L 112/124.1 0.63/0.55
X 122/134.1 0.62/0.66
G NAVI 132/144.1 0.55/0.55
カスタムX 132/144.1 0.67/0.67
カスタムG 142/154.1 0.62/0.55
0.66L直3DOHCターボ カスタムRS 149/161.1 0.63/0.55

続きを読む

ミラ/ミラカスタムの買取・査定情報

ラインナップ表

エンジン 駆動方式 トランスミッション グレード 価格(万円) リセールバリュー
0.66L直3DOHC FF/4WD 5速MT Xスペシャル 86/99.7 0.59/0.54
CVT 86/99.7 0.59/0.54
5速MT X 95/108.7 0.63/0.62
CVT 95/108.7 0.63/0.62
Xリミテッド 103/116.7 0.54/0.60
カスタムX 124/137.2 0.50/0.55

※リセールバリューは2011年9月時点での2010年式の参考数値になります。
 あくまで参考数値としてお役立てください。

続きを読む

ムーヴ/ムーヴカスタムの買取・査定情報

ラインナップ表

エンジン 駆動方式 トランスミッション グレード 価格(万円) リセールバリュー
0.66L直3DOHC FF/4WD CVT L 112/124.1 0.63/0.55
X 122/134.1 0.62/0.54
Xリミテッド 132/144.1 0.58/0.55
カスタムX 131/143.1 0.65/0.55
カスタムXリミテッド 142/154.1 0.55/0.55
0.66L直3DOHCターボ カスタムRS 149/161.1 0.66/0.55

続きを読む

タント/タントカスタムの買取・査定情報

ラインナップ表

エンジン 駆動方式 トランスミッション グレード 価格(万円) リセールバリュー
0.66L直3DOHC FF/4WD FF/4WD L 122/134.1 0.62/0.66
X 132/144.1 0.63/0.64
Xリミテッド 142/154.1 0.66/0.66
G 144/156.1 0.65/0.66
カスタムL 148/160.1 0.59/0.66
カスタムX 155/167.1 0.62/0.63
0.66L直3DOHCターボ カスタムRS 163/175.1 0.66/0.67

続きを読む

ブーンの買取・査定情報

ラインナップ表

エンジン 駆動方式 トランスミッション グレード 価格(万円) リセールバリュー
1L直3DOHC FF/4WD CVT ブーンCL 118/131.5 0.50/0.44
ブーンCLリミテッド 131/144.5 0.45/0.43

続きを読む

ダイハツの軽自動車シェアNo.1復活劇

みなさんはダイハツに対しどのようなイメージを持っているだろうか?
おそらく多くの人が軽自動車を販売している会社というイメージを持っているだろう。
実際に、ダイハツは国内での軽自動車シェアでNO.1を獲得しているメーカーである。
続きを読む

ダイハツの歴史


はじめに

ダイハツとスズキは軽自動車2強ということで有名だ。特にダイハツは2007年に軽自動車販売台数でスズキを抜きトップになっている。現在はトヨタの子会社として活躍しているダイハツの歴史について書いていこうと思う。

続きを読む

一括査定のメリット~売り手も買い手も得をする~

一括査定のメリットに関しての情報です。中古車一括査定に疑問をお持ちの方は必見です。

売り手のメリット(あなたのメリット)

売り手のメリットは大きく2つあります。1つ目は金額、2つ目は時間です。1つ目に関して、当然と言えば当然ですが、一括査定を行えば複数の会社から査定をしてもらえます。その中で高く提示した会社と買取契約を行えば金額面でお得です。2つ目の時間の面ですが、もし1社ごとに査定をお願いしていたらかなりの手間がかかります。V-car査定では45秒の簡単入力で複数の会社に査定をお願いすることができます。また提示査定額の高い会社から交渉することで無駄な時間を省略することが可能です。つまり、高い金額で買取ってもらうには数多くの会社から中古車査定をしてもらわなければなりません。金額面も時間面も得をするのが一括査定です。


買い手のメリット(査定会社のメリット)

買い手は買取を行って中古車販売をすることで利益をあげています。そのため、新たな中古車を獲得しなければなりません。一括査定という場は新たな車を獲得するチャンスになります。もし、お客様が1社ずつ足を運んで査定を行っていては、査定を依頼された会社はチャンスを得ることができますが、その他の多くの会社はチャンスすら与えられません。そのため、一括査定は買い手からしても多くのチャンスを得る場となります。


複数社査定のメリット

皆さんは耐戦略性という言葉をご存知ですか?耐戦略性とはメカニズムデザインという経済学の分野で使われる専門用語です。どういう意味か簡単に説明すると「戦略を組むことで得をすることが無い」ということです。一括査定でいうと「買い手は実際の車の価値(評価額)を、嘘をついて低く伝えることで得をしない」つまり「買い手は実際の車の価値(評価額)を正直に申告することが一番利益に繋がる」ということです。1社の査定の場合は実際の評価額よりも低い金額を提示することで得をする可能性がありますが、複数の場合は低い金額を提示することで買取に繋がらなくなる可能性があります。そのため、正直に申告をすることがベストな結果を生むということが証明されています。しかし、ここで注意が必要です。この耐戦略性、他社の提示額をお互いに知らないのが前提条件です。つまり、あなたが金額交渉をする際に他社にも査定を依頼しているというのは伝えるべきですが、査定額を伝えては本当の価値を提示してこない可能性があります。複数社査定をしても一歩間違えれば損をする可能性があるので注意してください。


様々な規模の業者に査定依頼が出せるメリット

車を売却する際には大手業者へ行ってしまいがちですが、中小業者の方が高値を付けてくれるケースもあります。中古車一括査定の場合ですと、大手業者だけでなく中小業者にも査定依頼を出す事ができますので、色々な規模の業者の査定価格をチェックする事ができるようになります。


中古車査定のメリット

現在の中古車市場がどうなっているのかご存知ですか?世界的な不景気に伴い自動車業界は低迷しています。全体的に自動車使用期間の長期化や需要の減少が見られます。特に新車の需要低下は明らかです。しかし、自動車が生活に欠かせない人は少なくありません。そこで、中古車市場が今注目されています。自動車使用期間の長期化により、慢性的な中古車の供給不足が起きています。そのため、買い手は新たな車を確保したいと考えています。自動車市場の背景を考えると、中古車査定にメリットがあるのがわかると思います。


ディーラー査定との違い

多くの人は愛車を手放すと同時に新たな車を購入すると思います。自分が新たな車を購入するお店で車を手放す人も多いでしょう。この場合は買取ではなく下取になります。下取の場合は「売る」と「買う」を同じ販売店で行うことができるので手間を省くことができます。しかし、金額の面で損をする可能性があります。もっと高く買取ってもらえる買取専門店が存在するかもしれません。また、下取に出す人の多くは自分の愛車の本当の価値を知らない人が多いと思います。それでは、実際の価値より低い査定額を提示されても、損をしているのかもわからずに納得させられてしまうかもしれません。ディーラーの方は営業のプロです。しっかりと利益をあげることを念頭に置いています。少しでも損をしないために、そして愛車を正しい金額で買取ってもらうために、あなたが愛車の本当の価値を知らなければなりません。買取に出すのか下取に出すのかは後から考えるとして、まずは無料の中古車一括査定を行い愛車の本当の価値を知ってください。それが損をしないための第一歩になります。


実際に中古車一括査定を利用した方が感じたメリット

Aさんの場合:現在の車の価値がどれくらいなのかの参考になった。
私は、今年車の買い替えをするために、参考に中古車一括査定を利用しました。利用した理由として、まず何よりも今の自分の車がいったいどのくらいの価値があるのか、参考にするためです。私自身、行きつけの車屋さんがありましたので、そちらに購入や売却を頼みましたが、下取りの金額が妥当なのかどうか参考になる金額が欲しかったので、一括査定を利用したのはよかったです。結果的に金額の参考になることには役立ちましたが、やはり細かな金額まで知るためには、一社にしぼって交渉をする方が良いと思いました。査定の中にはいい金額で出してくるところもありましたが、条件を細かく知っていくと評価が落ちて、結果的にだいたいどこの会社も同じような査定金額になりました。こちらの中古車一括査定を一番うまく活用しようとするならば、プレミアのついている車の場合は、やはり会社によって査定が異なる場合がありますので、何社かに同時に査定ができるサービスを利用するメリットがあると思います。何社かに同時に査定をしてもらい、同じような金額が出ればそれは信頼のある金額と言えると思います。車は特に、年式や走行距離、外装の傷や内装の状態などで金額に大きな違いが生まれます。査定員も同じ人ですので、見落としなどで金額の違いも起こりうる可能性があります。ですので、2、3社聞いたところで妥当な金額がどのくらいなのか見えてきます。その参考の金額が知れることが一番のメリットだと思います。

Bさんの場合:すばやく高値をつける業者を見つけることができた。
車を高く売りたい時に利用したのが中古車一括査定ですね。
これは中古車販売業者に一括して査定してもらえるので、いちいち見積もりしてもらう手間がはぶけるだけでなく、すばやく高値をつけてくれた業者を見つけられるのでとても便利です。

Cさんの場合:手間が省けたし高値を引き出すことに成功
車を売却する時に役立ってくれるサービスと言えば中古車一括査定です。様々なメリットがありますが、まずはやはり一気に複数の業者へ査定依頼ができるという事が挙げられます。
中古車一括査定を利用しない場合ですと、査定価格の比較をする為にいくつもの業者に査定依頼を出す必要があります。その為、非常に手間暇が掛かるようになります。中古車一括査定ならそういった手間を掛けずとも複数の業者へ査定依頼が出せますし、査定結果の連絡もメール等で行われますので、何かと手間を省く事ができます。
他にも業者から高値を引き出す事ができるというのも一つのメリットです。業者にもっと高値を付けてもらいたい時には査定価格アップの交渉をする必要があります。しかしながら交渉というのは案外難しかったりしますし、なかなか思うように価格を上げてくれない事も少なくありません。
中古車一括査定から申込みをした場合ですと、業者同士が勝手に競い合って最初から高値を付けてくれますので、交渉が苦手という方でも業者から高値を引き出せるようになります。

ドライブを最高のものにするために「ドライブを楽しむ」方法

友人や恋人同士、家族など、さまざまなドライブシーンに対応する「ドライブを楽しむ」方法が満載です。

はじめに

遊びや旅行、デート、通勤、仕事、買い物などさまざまな用途で使うことの多い車。車を運転するのが苦痛だと感じている人も少なからずいるはずです。しかし、車は今や生活に欠かすことのできないものであり、免許を持っていれば嫌でも運転する機会は訪れるもの。そこで今回はドライブを楽しむための方法をご紹介します。


安全第一

当たり前のことですが安全第一のドライブを心掛けてください。事故を起こしてしまえば最悪な思い出になるのはもちろんのこと、大切なものを失ったり奪ったりしてしまう可能性があります。ドライブを楽しむためには安全第一を心掛けてください。身近なことから始めましょう。同乗者にシートベルトをさせるのも運転手の役目です。事故を起こして同乗者にもしものことがあれば責任は運転手にあります。同乗者の身を守るためだけでなく、自分の身も守るためにシートベルトをするように促してください。また、小さなお子様がいる場合にはチャイルドシートを装備する等、適切な処置を施してください。他にも、疲れを感じたらこまめに休憩をとったり、スピードの出しすぎに注意したり、当たり前のことを当たり前に行うことで事故を軽減することが可能です。まずは安全第一を心掛けてください。もし、ドライブでスリルを味わいたいという人がいれば、サーキットなどで走り、他人に迷惑をかけないようにしてください。ルールは守りましょう。


BGMはドライブに欠かせない

音楽は雰囲気をつくるのに有効な手段の1つです。気分や同乗者に合わせて音楽を変えることで最高のドライブを演出することができます。友人や同僚とドライブをする場合はみんなが知っている曲を流して歌うのも良いですし、音量を小さくして会話を楽しむのも良いでしょう。恋人とドライブをするときはロマンチックな曲を流すことで良い雰囲気を演出できるかもしれません。家族でドライブをするときはお子さんの好きな曲を流すのも良いでしょう。1人でのドライブは眠いときにはテンションの上がる曲を聴いたり、自分の好きな曲を聴いたり、誰にも邪魔されない空間を楽しむための手段としてBGMは欠かせません。現在の車はCDやMDだけでなくiPodなどの音楽プレーヤーを繋ぐこともできるので、手軽に数多くのBGMを用意することが可能になっています。あとは車と音楽プレーヤーを繋ぐ端子やコードをしっかりと準備しておきましょう。


車内を快適に過ごせるような備品を用意しておく

ドライブをするということは車内で過ごすことになります。そんな車内に準備しておくと便利で快適に過ごせるものを紹介します。まずは酔い止め。同乗者の中には車酔いをする方がいるかもしれません。車酔いをした方はもちろん、周りの人間もドライブを楽しむことができなくなります。そのため酔い止めは必ず用意しておきましょう。小さなお子さんがいる家庭では簡易トイレを準備しておくと良いでしょう。簡易トイレを1つ用意してあるだけで予想外の渋滞に巻き込まれても、焦らずに済みます。また、お菓子を用意しておくことも推奨します。ドライブが苦痛なものにならないようにすることもドライバーの役目です。ティッシュやウェットティッシュを常時車内に置いておくことも推奨します。同乗者の中には疲れて寝てしまう人がいるかもしれません。小さな車内では座席ごとに温度設定を変更することが難しく、起きている人には最適な室温でも寝ている人にとっては肌寒く感じるかもしれません。タオルケットを1枚用意しておくだけで寝ている人にとっては快適なドライブに繋がります。ドライブを快適に過ごすために必要な備品は人それぞれ違うと思うので、何度もドライブを繰り返して自分なりに研究し、最高な室内空間を創り上げてください。