ドライブ中に会話に困らない豆知識

ドライブ中に会話に困らない車メーカーに関する雑学です。様々なメーカーの豆知識が満載で、きっと貴方のドライブがより一層楽しくなると思います。

ドライブ中にBMWのクルマを見かけた場合

誰もが一度は見たことのあるBMWのマーク。このマークの由来をご存じでしょうか?同乗者がいる場合には、クイズ形式で問題を出してみると面白いと思います。このマークはBMWがもともと飛行機メーカーだったという歴史があり、白と青はそれぞれ雲と空を表しています。また、4つに分断されているのは飛行機のプロペラを表しています。自動車メーカーの中にはもともと飛行機メーカーだったという歴史を持つ会社が数多くあるので調べてみるのも良いと思います。


ドライブ中に日産のクルマを見かけた場合

ラインナップの多い日産自動車。日産自動車のモデルを全部知っている人は少ないでしょう。そこで、こんな問題を出してみてはどうでしょうか。「日産自動車は軽自動車の生産及び販売を行っているか?」正解は、“販売はしているが、生産はしていない”というものです。販売はしているのに生産はしていないのはどういうこと?と思う人も多いでしょう。日産自動車は他メーカーから軽自動車のOEM供給を受けて販売しています。つまり他メーカーの軽自動車をベースに軽くデザインとかを変えて販売をしているということです。


ドライブ中にボルボのクルマを見かけた場合

ボルボのクルマと言えば何といっても安全性の高さが特徴です。3点式シートベルトの発明をするなど、安全性の高さではとても有名なメーカーです。この前置きをした上でこんな問題を出してみましょう。「ボルボが新型に採用したエアバック。どこに搭載されているでしょう?」正解は“ボンネットからフロントガラスに向けて展開するエアバック”で、これは歩行者用のエアバックです。ついにボルボは乗員の安全性の向上だけでなく、歩行者の安全性の向上のためにエアバックを搭載したのです。もちろん、エアバックに助けられることのない運転を心掛けるということは言うまでもありません。


ドライブ中にベンツのクルマを見かけた場合

高級車の代名詞的存在であるベンツ。日本でも見かけることの多いクルマだが、ベンツのマークの由来を知っている人はそう多くはないと思います。このマークはスリーポインテッドスターと呼ばれ、陸海空それぞれの分野で発展をしようという思いが込められています。


ドライブ中にスバルのクルマを見かけた場合

誰もが見たことのあるスバルのマーク。このマークには6つの星が描かれていますが、そのマークの由来を問題として出してみましょう。ヒントはブランド名が「スバル」で会社名が「富士重工業」ということ。答えは、“富士重工業の前身が中島飛行機という航空機製造会社だったから”という内容です。そして6つの星は「六連星(むつらぼし)」と呼ばれる星団です。富士重工業は現在自動車部門の他にも航空宇宙部門があり、星と関わりの深い会社のため、現在のマークが確立されたということです。


ドライブ中にロールスロイスのクルマを見かけた場合

ロールスロイスのクルマを見かけただけでもテンションがあがることは間違いないと思いますが、クルマに興味が無い人には何がすごいのかわからないと思うので、教えてあげましょう。何千万もする高級車だよ!と・・・。このロールスロイスの前方を見ることができたらこんなクイズを出してみてはどうでしょうか。「大型のラジエーターグリル(左右のヘッドライトの間の部分)は何をモチーフにしているか?」正解は“パルテノン神殿”です。建造物に詳しい人ならわかるかもしれません。ちなみに、このラジエーターグリルにはパルテノングリルという名が付いています。


ドライブ中にランドローバーのクルマを見かけた場合

メーカーとしては認知度が高いが、他の高級車メーカーと比べると高級車としての認知度が低いランドローバー。ランドローバーの中でも最上級モデルにあたるレンジローバーヴォーグは1220万円からという価格設定で誰もが認める高級車です。ジャガーと共同開発を行った5.0ℓV8エンジンは最高出力375psというハイパフォーマンスを発揮することが可能であり、どんな悪路でも力強く走破することができます。また、本格的なオフロード性能に加え、貴族のためにつくられたような豪華な作りはSUVとは思えないほど最高のつくりとなっています。そんな高級SUVのレンジローバーにつけられている異名をご存知でしょうか?同乗者がいる場合には問題として出してみるのも良いでしょう。正解は砂漠のロールスロイスです。世界を代表する高級車ロールスロイスの名が異名に入るほど、レンジローバーは静粛性が高くて豪華な作りをしている高級車ということがわかると思います。


ドライブ中にアルファロメオのクルマを見かけた場合

おしゃれなイタリアの車であるアルファロメオ。日本では大衆車としてのイメージが強いですが、実は世界限定500台でスーパーカーの8Cコンペティツィオーネという車の販売を行っていた時期がありました。しかし、8Cコンペティツィオーネが日本で初披露される際に異例の事態が起きました。その異例の事態は何か?という問題を出してみてはどうでしょうか。車の知識が無くても解答できる問題なので、盛り上がること間違いなしです。正解は日本で初披露する前に予約受付をしていて、日本に割り振られた70台の枠に対し200人以上の応募があったので、初披露の時には既に完売していたということです。購入することを考えて初披露を見に来たお客様にとっては残念なニュースであり、過去にもほとんど例のない異例の事態として話題になりました。

日ごろから気を付けること~査定額UPへの道~

愛車を高く売るためには日ごろから気を付けることが数多くあります。査定額UPのために注意すべき点を頭に入れて高額査定を目指しましょう。

常に愛車はきれいな状態を保とう

あなたは愛車をきれいな状態にしていますか?洗車を定期的に行いコーティングやワックスがけをしていますか?年に1回だけ年末にガソリンスタンドで洗車をするという人も多いはずです。それでは車の状態は悪くなり査定額のマイナスになります。洗車にはお金や時間がかかるので敬遠している方も多いと思いますが、後々の大幅な査定額の減額を考え、定期的に行う事を推奨します。また、人によっては自分で洗車をする方がいると思います。しかし、間違った洗車の仕方をしないように気を付けてください。素人が浅墓な知識で洗車をすると車をきれいにするはずが、逆に傷をつけてしまう可能性があります。砂埃をかぶった車を濡れタオルで拭くなんて言語道断です。小傷をたくさんつけてしまうことになり、大幅な買取額の減少に繋がってしまいます。また、コーティングやワックスがけも同様に定期的に行ってください。その際に自分でできる自信が無い方はプロに依頼することを推奨します。鳥の糞や樹脂がボディに付いている場合は早めに対処をしないと取り返しがつかなく可能性があるので注意が必要です。また欧州車の場合はホイールブレーキダストが多くつきますが、これも定期的に洗わないと焼き付いて取り返しがつかなくなります。


車の点検は定期的に

ボディや室内など目に見える部分はものすごくきれいでも、目に見えない部分は手を付けていないという人は意外と多いはずです。目に見えない部分に気を遣うのはとても難しいことだと思います。しかし、車は精密機器ですので、外見よりも中身の方が重要です。自分の愛車を思い浮かべてください。「あなたの車のタイヤの空気圧を最後にチェックしたのはいつですか?そして空気圧はいくつで入れましたか?」「あなたの車のバッテリーは正常ですか?バッテリーの寿命をご存知ですか?」この質問にしっかりと答えられなかった方は近いうちに点検に行くことを推奨します。命を預けているタイヤの現状を知らないのは非常に危険です。タイヤの溝が無くなっていればスリップする可能性が高くなります。さらにひどい状態だとタイヤがバーストして事故に繋がります。そうなれば中古車査定で買取ってもらうどころか、廃車でお金がかかってしまいます。また、正しい量の空気圧でなければタイヤの寿命は短くなりお金がかかります。バッテリーに関しては、現在の車はほとんどが電気制御されています。バッテリーが故障すれば身動きが取れなくなり、レッカーを呼ぶことになるでしょう。バッテリー1つで動けなくなってしまうのにバッテリーに気を遣っている人は少ないように感じます。壊れたら交換すれば大丈夫と考えている方がいればそれは甘い考えです。もちろん新しいバッテリーを車内に積んでいて自分で交換することができるのであれば話は別ですが。車の見えない部分を定期的に点検することで、大幅な査定額の減額を免れられるだけでなく、事故やレッカーなどの突発的な無駄な出費を抑えることに繋がります。


意外と気になる他人の車の匂い

自分では気にならない匂いも他人には気になる場合があります。愛車を中古車査定に出した場合、車の匂いも査定のチェックポイントに含まれています。チェックするのはあなたではなく、査定士が行います。あなたが気にならなくても査定士が気になれば大幅な減額になり、買取価格が下がる可能性があります。そのため、常日頃から車内の匂いに気を遣いましょう。その際、強い香りを放つ芳香剤は好みが分かれるのであまり推奨できません。一番査定時に有利なのは無臭です。芳香剤を置くよりも消臭剤を置く方が無難だと思います。また、愛車を中古車査定に出す予定なら、たばこを車内で吸うのは控えるべきです。どうしても吸いたいときは窓を開けて換気しましょう。たばこの匂いがつけば大幅な減額は確実となります。


小さなお子さんがいる家庭では

子供がいる家庭では査定時の愛車の価値を下げないためにいろいろと気を遣う必要があります。子供は落ち着きがないので前席を足で蹴ってしまい汚れや傷をつけてしまう可能性があります。汚れなら拭けば取れますが傷は取り返しがつかなくなり大幅な減額に繋がるでしょう。乗車時には靴を脱がせるなどの工夫をしましょう。また、車内でお菓子などを食べる機会も多いと思います。シートやフロアに落としても汚れないものを用意しておきましょう。ウェットティッシュもしっかりと用意し、車内を汚さないように気を付けましょう。匂いの強いお菓子も中古車査定をするなら控えるべきです。


車内をきれいに保って査定額UP

中古車査定では車内の状態も大きく影響を与えます。少しでもきれいにすることで買取額の減額を少なくしましょう。アウトドアが好きな人は海や山などに行くことが多いと思います。その際泥や砂を車内に持ち込んでしまうとフロアマットなどが汚れてしまい減額に繋がります。また案外気を遣う人の少ないトランクルームもしっかりと査定時にはチェックされます。車内に汚れを持ち込まないよう注意をするだけでなく、汚れても大丈夫なように、市販のマットをさらに引くなどの工夫をしてください。たばこを吸う方は、シートやフロアマットを焼かないように気を付けてください。たばこを落としてしまい、焦げてしまった場合は取り返しがつかなくなります。細かいようですが、中古車査定で得をするためにきれいな車内を保つようにしましょう。


過度な改造は査定で大幅なマイナスになる

自分の愛車を自分好みにするために改造している人もいると思います。ホイールのインチアップやオーディオ機器の設置、テレビモニターの設置、エアロパーツの取り付けなど、多種多様な改造があります。その多くは非常にコストがかかりますが、中古車査定ではマイナス評価に繋がることが少なくありません。自分にとって価値のあるものが他人にとって価値があるとは限らないからです。改造をする際には純正のものをしっかりと残しておくようにしましょう。純正のものが無い場合大幅な減額に繋がります。また、改造の際にボディに穴などを開けてしまっていると取り返しがつかず、目も当てられないほどの減額になります。法律の範囲内なら改造を辞めろとは言いませんが、高額買取を狙うのであれば、改造しないことを推奨します。

各メーカーのリセールバリューについて

各メーカーのリセールバリューに関する情報です。各メーカーの特性を知ってお得な中古車査定を目指しましょう。

トヨタ

故障が少ないことや信頼性が高いというイメージがあり、非常にリセールバリューが高いトヨタの車。実際には生産台数が多いヴィッツやカローラなどの車種は故障が少ないが、その他の車種に関しては他の日本車と比べても大差ないのが現状である。それでも、日本を代表する自動車メーカーということもあり、他メーカーよりも高い信頼を獲得している。新車販売価格は若干他メーカーよりも高いという印象を受けるが、リセールバリューが高く中古車査定にだしても高額買取に繋がることが多いので、購入している人が多いように感じる。中古車市場においては人気のある車が高額で買取されるので、トヨタというブランドだけで査定額がプラスになるだろう。トヨタの車を所有している方は是非一括査定で愛車の価値を知ってみてはいかがだろうか。

トヨタのリセールバリューを知りたい方はこちら>>


日産

日産の車はセレナやエルグランドなどのミニバンをはじめ、エクストレイルなどのSUV、マーチやキューブなどのコンパクトカーなど、ボディタイプに関わらず人気車種が数多く存在する。人気のある車種は中古車市場での買取や販売が活発である。質の良い車を安く見つけることも可能で、中古車査定でも高額が付くことが多い。また、日産はマーチを生産するなどグローバルな生産を行うことで新車販売価格を下げることに成功している。しかし、車種によっては故障が多いことがある。特に2006年以前に生産された日産のCVT車を中古で購入する際には注意が必要である。

日産のリセールバリューを知りたい方はこちら>>


ホンダ

日本車の中ではトヨタに次ぐリセールバリューの高さを誇るホンダの車。エンジン性能の高さは評価されており、高回転でもスムーズに回ることが特徴である。ホンダはトヨタと比べると会社自体が小さく、ラインナップが少ないが、その分フィットやオデッセイ、フリードなど人気の高い車種が用意されている。故障が少なく、信頼力、人気の観点からもリセールバリューが高いのも頷ける。中古車査定に出した場合、思っていたよりも高額買取に繋がることの多いメーカーである。

ホンダのリセールバリューを知りたい方はこちら>>


マツダ

以前はリセールバリューが低いことで有名だったマツダ。しかし、現在はエコカーやコンパクトカー人気という時代の流れもあり、徐々にリセールバリューも高くなってきている。特にガソリン車であるコンパクトカーのデミオは人気が高く、燃費性能も優れているので中古車市場でも頻繁に買取や販売が行われている。マツダは車種によってはまだまだリセールバリューにバラつきがあるものの、一度中古車査定に出してみないとどれだけの価値が付くのかわからないメーカーともいえる。

マツダのリセールバリューを知りたい方はこちら>>


三菱

リコール隠し問題やエンジントラブルなどマイナスイメージを与える事柄が多く、信用を失ってしまった三菱自動車。徐々に信用回復に努めているが、ブランドイメージの回復にはまだ時間がかかると予想される。実際にリセールバリューも他のメーカーと比べると安いのが現状である。しかし、技術力が高いのは事実であり、パジェロをはじめとするSUVやランエボなどのスポーツカーは人気が高いので、中古車査定に出したら思っていたよりも高額買取に繋がる場合もあるだろう。

三菱のリセールバリューを知りたい方はこちら>>


スバル

中古車市場は現在注目されているが、特に注目されているのはコンパクトカーを中心としたエコカーである。スバルの車は時代の流れに逆らうインプレッサやレガシーなどのスポーティな車が多く、買い手がなかなか見つからないことが多いので、高額買取に繋がりにくい。水平対向エンジンの採用など一般受けをしない車種はリセールバリューが低く、査定時に低い評価を付けられてしまうことが多いので注意が必要である。

スバルのリセールバリューを知りたい方はこちら>>


BMW

BMWの中でも特に3シリーズは人気が高く、リセールバリューが高いので中古車査定でも高額買取に繋がることが多い。しかし、注意が必要なのは大幅なモデルチェンジがあること。3シリーズの場合は約7年に一度モデルチェンジが行われるので、その周期を頭に入れて購入時には手放すときのことを考えた方が良い。また、メルセデスベンツCクラスやアウディA4のモデルチェンジもBMW3シリーズの査定額に影響与える可能性があるので注意が必要である。

BMWのリセールバリューを知りたい方はこちら>>


ボルボ

安全性の高いボルボの車だが安全性だけでなく耐久性にも優れている。ボルボの車は10年乗っても10万キロ乗っても壊れないというイメージが強く、実際に故障が少なく壊れにくい車である。もし、ボルボの車を中古車査定に出す場合は、年数や年式の割には高額の買取になる可能性が高い。しかし、人気のないモデルは高額になりにくいので、車購入時にリセールバリューを考えることを忘れないでほしい。

ボルボのリセールバリューを知りたい方はこちら>>


ベンツ

ベンツは都内でよく見かけるメーカーである。よく見かけるということは人気が高いということなので、リセールバリューが高く中古車査定でも高額が付く可能性が高い。しかし、注意が必要なのは過度な改造をしないことである。ベンツの車を改造しているのを見かけることが多いが、ホイールを替えたり、ドレスアップをしたりなどの改造は大幅な査定額ダウンに繋がる。お金をかけて改造しているのだから買取額が高くなると思われがちだが、改造してある車はそうでない車よりもニーズが無い。つまり、ニーズがなければ買取額も下がるということである。

ベンツのリセールバリューを知りたい方はこちら>>


ロールスロイス

ロールスロイスの車は1台1台オーダーメイドでつくられているので、中古車市場で自分の好みの車が見つかる可能性が少ない。そもそも、流通台数が少ないし、価格も高いので一般人には関係のない話ではあるが、さまざまなオプションを選べるのがロールスロイスの特徴である。オプションによっては査定額のプラスに繋がるどころかマイナスに繋がるものもあるので注意が必要である。自分にとって有益なオプションが他人にとって有益とは限らないため、第三者の目線からオプションの価値をしっかりと見極めることが高額買取に繋がる。

ロールスロイスのリセールバリューを知りたい方はこちら>>

愛車を中古車査定に出すタイミング

案外見落としてしまいがちな愛車を査定に出すタイミングに関する情報です。最高のタイミングで愛車を査定に出しましょう。

季節によって価値が変わる!?

「同じ車なんだからいつ出しても同じ価値が付くだろう。」という考えは大間違いです。中古車査定はさまざまな要因によって価格が変動します。例えば、季節が違うだけでも価値が変わります。仮にオープンカーを夏の終わりに査定に出したらどうなるでしょうか?買い手は買取った車を中古車市場に回します。オープンカーが中古車で並んでいても夏の終わりではなかなか次の買い手に渡りません。お店が在庫を抱えるのはコストになります。そのため、中古車会社は在庫を抱えるのは極力避けたいと考えます。それでも査定をお願いされたら査定額を提示しなければなりません。ここまでの情報でもうお分かりかと思いますが、このような場合査定額は下がります。市場で価格を決めるのは需要と供給です。需要が無ければ価格は下がるのです。人気車種が高く買取されるのは需要があるからです。「中古車査定で愛車を高く売るコツ~事前準備編~」の「実は車の購入前から始まっている!?」にボディカラーで査定額が変わると書きましたが、これも需要と供給が関係しています。


2月〜3月はベストなタイミング!?

一般的に、中古車が高く売れるのは2月から3月、特に3月は需要が増えるので高値が期待されると言われています。
ちょうど就職や転職により新生活で車が必要になる人が一番買うのが2~4月ごろだからです。業者も在庫を増やしたいので、高めに買い取ってもらえるようです。


新型が出ると査定額が下がる!?

同じ車種でも数年に一度モデルチェンジやマイナーチェンジが行われます。新型が出ると同時に現行モデルだった車は型落ちとして扱われます。型が落ちるに連れて価値も落ちます。たった1ヵ月という短い期間でも新型が出る前と後では査定額に差が出てしまうのです。少しでも高く買取ってもらうためには、常に新しい情報を収集する必要があります。こまめに一括査定をして愛車の価値の変動をチェックするのも1つの有効な手段かもしれません。


査定会社・中古車会社のニーズによって査定額が変わる?

査定額を決めるのは需要と供給です。仮にスポーツカーを査定に出したとします。もし中古車会社が同じようなスポーツカーの在庫を何台も抱えていたとしたらこれ以上スポーツカーは欲しくないと考えます。そのスポーツカーと在庫が全く同じモデルならなおさら欲しいとは思いません。逆にスポーツカーが売れてしまい在庫がない状態なら、ぜひとも買取したいと思うでしょう。同じ会社でもタイミングによってニーズは異なります。そのため、一括査定をすることでタイミングが悪いことによる査定額低下のリスクを分散することができます。また、定期的に一括査定をすることで良いタイミングを逃すことが減るかもしれません。


売却を決めたらなるべく早く査定に出す

売ろうと思ったら、少しでも古くなる前に売ることが大切です。新しい車の方が高く売れます。特に人気車種は新しいものは高く売れます。
走行距離が多くなったり、車庫での保管期間が長いと見た目の劣化や車内の汚れも増してしまい、査定結果に影響を与えます。できるだけきれいに車を扱うことも大切ですが、売却を決めたらなるべく早く行動に移すことも大切です。


車検が切れるタイミングで査定を行う

新車の場合は3年目、それ以降は2年に1回の義務付けがされている車検ですが、車検に必要な法定費用はかなりかかります。
自動車重量税や検査手数料、自賠責保険などなど様々な項目で費用が発生してしまいます。自動車は維持費がかかると良く言われていますが、車検時に必要な費用が維持費の中でも大きなウェイトを占めています。愛車の売却を考えているのなら、車検を通す前に売るのがおすすめです。


走行距離と査定額の関係

走行距離が多ければ多いほど査定額が低くなるのは当然です。そんな当たり前のことではなく、ここで知って頂きたいのは30,000kmと50,000kmの壁です。例えば49,000kmから51,000kmの2,000kmの査定額の差と、51,000kmから53,000kmの2,000kmの査定額の差を比べた場合、前者の開きの方が大きくなります。30,000kmと50,000kmは中古車市場では重要なポイントになります。もし、手放そうとしている愛車の走行距離が30,000kmまたは50,000kmの手前なら、超えないように注意した方が高く買取ってもらえるでしょう。


まとめ

中古車査定はさまざまな要因によって価格が決まるということを説明してきました。夏終わりのオープンカーや冬終わり4WD、ゴールデンウィーク後のミニバンなど時期によっては査定額が下がります。それなら1年先送りにしようと考えた結果、その1年間に新型車が出てしまいさらに査定額が下がるなんてことも考えられます。その1年間で距離が30,000kmを超えてしまうかもしれません。車検もありますし、傷やへこみを増やしてしまう可能性もあります。市場のニーズも刻一刻と変わっていきます。つまり、ベストなタイミングを見極めるのは不可能に近いのです。そこで、一括査定が非常に有用になってきます。ベストなタイミングを見極め、常に愛車の本当の価値を知ることはとても大切です。無料の査定に出したからといって買取まで行う必要はありません。査定額に満足をしたら、その場で買取ってもらうのも1つの手段ですし、満足いかない査定額なら継続して乗るのも良いでしょう。愛車をお持ちの皆様には、定期的に一括査定を行い、自分でベストなタイミングを見つけていくことを推奨します。

test

虚偽の申請は絶対にNG!

中古車査定で少しでも査定額や買取額を高くしたいからと言って、走行距離数や年式を偽って報告するのは絶対にNGです。実際に車や車検証を見せた時にバレる嘘です。嘘をつけば印象やイメージが悪くなるのはもちろんのこと、対等な関係でその後の交渉が進まなくなります。嘘をついて得をするなんてことは絶対にありません。損をするだけです。あなたの愛車の本当の価値を知りたいのであれば、本当の情報を申請してください。


愛車のお手入れをしっかりとしよう!!

まずは愛車をきれいな状態にしましょう。外装の洗車はもちろんのこと室内の掃除機掛けや雑巾がけ、普段は目に付かないようなマットの裏やトランクルームの清掃もしておきましょう。きれいな状態にすることで直接的に査定額がアップするわけではないですが、どれだけ自分の車に対して愛情をもって接していたのかの基準になります。ちょっと考えれば、汚い車を査定するのと、きれいな車を査定するのとでは、結果が多少なりとも変わってくるのがわかると思います。ホイールの汚れなどもしっかり落としてきれいな状態で査定に臨みましょう。


傷やへこみを直す必要はあるの?

中古車査定をする際に悩まれる方が多い難しい問題の1つですが、直す必要はありません。傷やへこみがマイナス要因になり買取額が下がることは間違いありません。そのため、修理をした方がプラスになると思う方がいるかもしれませんが、プロの目からすれば修理をしているのは一目瞭然です。修復の有無に関わらず、マイナス評価に変わりはありません。もちろん傷やへこみを直すことで車に対する愛着を持っているという印象を与えることはできます。しかし、修理をするのにもかなりのお金がかかりますし、修理代をペイする見込みもありません。なので、特に板金等の修理をする必要はありません。


日々の点検や整備をしっかりとしておく

同じ距離、同じ年式の車でも天と地の差が出るほど“車の程度”に違いが出ます。“車の程度”の差は直接“査定額”の差に繋がります。日々のお手入れは怠らないようにしましょう。プロの査定士は車の“程度”、“状態”を確認する際の1つの材料として定期点検記録簿を見ます。この定期点検記録簿は12か月点検などの定期点検の実施記録や結果などが記録されています。定期点検をディーラーなどでしっかりと受けていて、記録簿が残されていれば予想外な高査定に繋がることもあります。面倒だから定期点検を受けない、お金がかかるから受けないなど目先のことばかりを考えていると後々損をする可能性があります。中古車販売では「記録簿の有/無」という項目があります。記録簿というのは第三者が愛車に対する情報を正確に書いてある重要な材料です。日々の点検や整備を怠らないようにして、買取額アップへと繋げましょう。


実は車の購入前から始まっている!?

車を購入する際に手放すときのことを考えている人はいますか?メーカー、車種、価格が全て同一でも、ボディカラーが違うだけで査定額に大きな差が出るのをご存知ですか?中古車査定に出して買取られた車は中古車市場で中古車として売られます。人気のあるボディカラーとそうでないものの中古車価格に差が出るのは当然です。つまり、買取価格に差が出るのも至極当然です。ボディカラー以外にも査定額に大きな影響を与える要素は数多くあります。人気のある車種、グレード、装備などが主に影響します。新車購入時に高かったオプション装備が中古車査定時に評価されないこともあります。もちろん、自分が満足する車を購入するのがベストですが、車を購入する時から査定が始まっていることを覚えておいてください。

中古車査定で愛車を高く売るコツ~事前準備編~

虚偽の申請は絶対にNG!

中古車査定で少しでも査定額や買取額を高くしたいからと言って、走行距離数や年式を偽って報告するのは絶対にNGです。実際に車や車検証を見せた時にバレる嘘です。嘘をつけば印象やイメージが悪くなるのはもちろんのこと、対等な関係でその後の交渉が進まなくなります。嘘をついて得をするなんてことは絶対にありません。損をするだけです。あなたの愛車の本当の価値を知りたいのであれば、本当の情報を申請してください。


愛車のお手入れをしっかりとしよう!!

まずは愛車をきれいな状態にしましょう。外装の洗車はもちろんのこと室内の掃除機掛けや雑巾がけ、普段は目に付かないようなマットの裏やトランクルームの清掃もしておきましょう。きれいな状態にすることで直接的に査定額がアップするわけではないですが、どれだけ自分の車に対して愛情をもって接していたのかの基準になります。ちょっと考えれば、汚い車を査定するのと、きれいな車を査定するのとでは、結果が多少なりとも変わってくるのがわかると思います。ホイールの汚れなどもしっかり落としてきれいな状態で査定に臨みましょう。


傷やへこみを直す必要はあるの?

中古車査定をする際に悩まれる方が多い難しい問題の1つですが、直す必要はありません。傷やへこみがマイナス要因になり買取額が下がることは間違いありません。そのため、修理をした方がプラスになると思う方がいるかもしれませんが、プロの目からすれば修理をしているのは一目瞭然です。修復の有無に関わらず、マイナス評価に変わりはありません。もちろん傷やへこみを直すことで車に対する愛着を持っているという印象を与えることはできます。しかし、修理をするのにもかなりのお金がかかりますし、修理代をペイする見込みもありません。なので、特に板金等の修理をする必要はありません。


日々の点検や整備をしっかりとしておく

同じ距離、同じ年式の車でも天と地の差が出るほど“車の程度”に違いが出ます。“車の程度”の差は直接“査定額”の差に繋がります。日々のお手入れは怠らないようにしましょう。プロの査定士は車の“程度”、“状態”を確認する際の1つの材料として定期点検記録簿を見ます。この定期点検記録簿は12か月点検などの定期点検の実施記録や結果などが記録されています。定期点検をディーラーなどでしっかりと受けていて、記録簿が残されていれば予想外な高査定に繋がることもあります。面倒だから定期点検を受けない、お金がかかるから受けないなど目先のことばかりを考えていると後々損をする可能性があります。中古車販売では「記録簿の有/無」という項目があります。記録簿というのは第三者が愛車に対する情報を正確に書いてある重要な材料です。日々の点検や整備を怠らないようにして、買取額アップへと繋げましょう。


実は車の購入前から始まっている!?

車を購入する際に手放すときのことを考えている人はいますか?メーカー、車種、価格が全て同一でも、ボディカラーが違うだけで査定額に大きな差が出るのをご存知ですか?中古車査定に出して買取られた車は中古車市場で中古車として売られます。人気のあるボディカラーとそうでないものの中古車価格に差が出るのは当然です。つまり、買取価格に差が出るのも至極当然です。ボディカラー以外にも査定額に大きな影響を与える要素は数多くあります。人気のある車種、グレード、装備などが主に影響します。新車購入時に高かったオプション装備が中古車査定時に評価されないこともあります。もちろん、自分が満足する車を購入するのがベストですが、車を購入する時から査定が始まっていることを覚えておいてください。

中古車査定で愛車を高く売るコツ~本番編~

事前準備が終了したら次はいよいよ本番です。少しでも愛車を高く売るために必要な情報が満載です。

数社の査定額を比較する

買取査定をする際に大切なのは1社だけでなく、複数の会社に見てもらうことです。これは複数の会社を競わせるのが目的ではありません。自分の愛車の本当の価値を知るために必要なことです。仮に1つの会社のみに査定の依頼をすれば、実際の価値よりも低い価格を提示される可能性があります。また、買取った車は中古車市場で売られますが、買取業者ごとに中古車販売の流通網は異なります。つまり、各買取業者が得意とするメーカーや車種、ボディタイプは異なります。そのため、査定に出した車の得意・不得意によって査定額に差が出ます。数社に査定を依頼して比較することは愛車を高く売るコツとなります。複数社査定のメリットについては、「一括査定のメリット」で説明しているので、ぜひご覧ください。


査定は人と人で行います~Face to Face~

査定を行うのは人間です。交渉するのはあなたと査定士です。ということは、何を心掛ければ良いのかが見えてくるはずです。洗車や室内清掃を事前に行うべきというのは「中古車査定で愛車を高く売るコツ~事前準備編~」で説明してあります。これは、車に対する愛情を査定士に伝えることができます。人と人との交渉になるのであなたが好印象を与えることができれば、直接査定額に影響しなくても何らかのプラス評価に繋がる可能性があります。逆に悪い印象を持たれてしまうと、その後の交渉が上手くいかないことに加えマイナス評価になる可能性があります。なぜなら、相手は人間だからです。身だしなみをきちんとする、言葉遣いに気を遣うなど、当たり前のことを当たり前に行ってください。そして、愛車に対する熱意をしっかりと伝えてください。買取額が変わらなくてもお互いが気持ちよく交渉できる方が良いでしょう。


即決はNG!!納得がいくまで考えましょう。

「買取額が一番高いところでいいや。」もちろん買取額が一番高いところに売るのがお得です。しかし、査定は人と人で行っています。高額を提示してきた会社の査定士とあなたの相性が良ければ最高ですが、良くないこともあります。逆に買取額は若干低くても相性が良ければその後の手続きを気持ちよく行えるかもしれません。最終的にどの会社と契約をするのか決定するのはあなたです。そして、手続きをするのもあなたです。納得がいくまで考えてください。交渉をしていると、「今日中に返事もらえるなら10万高くしますよ。」というようなことを言われる場合もあります。これは交渉術の一つです。「提示額+10万=それだけの価値が愛車にはある」ということです。つまり「提示額≠愛車の本当の価値」ということです。営業トークで査定の金額を変更する会社は信頼できるでしょうか?素晴らしい会社と言えるでしょうか?素晴らしい会社なら常に本当の価値で愛車を買取ってくれます。即決は控えていろいろな会社から査定してもらい愛車の本当の価値を知りましょう。しかし、注意が必要なのは、日にちが経つに連れて少しずつ中古車としての価値は下がります。考えすぎも禁物なのでバランスを鑑みて愛車を手放しましょう。


何が評価されているのか確認しましょう!

実はあなたが評価されると思っていても、評価されない“モノ”があります。例えばカーナビです。カーナビは高価で数年前の型でも現役で活躍することができます。しかし、数年間の間に新たなカーナビは次々と出てきていて、数年前のものはほとんど価値なしと評価されることが少なくありません。あなたが中古車査定で愛車を買取に出した場合、おそらく次の車の購入を考えるでしょう。その際、新たなカーナビを購入するとなればかなりのお金がかかります。もちろん最新の型を購入すれば機能などが向上していますが、以前使っていたものでも問題ないと思います。もし、後付けのカーナビで取りはずすことができるなら、新しい車に付け替えるのも一つの手です。この判断をしっかりと行うために、何が評価されていて、何が評価されていないのか確認する事を推奨します。