トップページ > スバル車の買取・査定 > ぶつからない車

ぶつからない車|スバルに関する特集記事

ぶつからない車

目次
 ・ぶつからない車のしくみ
 ・どれくらいの効果があるの?
 ・各メーカーが開発しているぶつからない車
 ・衝突時の速度と死亡率について
 ・今後の普及について


<ぶつからない車のしくみ>

現在、テレビCMや広告などで「ぶつからない車」という言葉を見聞きすることが多いと思う。では、このぶつからない車とは一体どのようなものなのか。一言で簡単に言うと、文字通り「接触事故を起こさない車」のことである。


しくみとしては車に付いているカメラによって障害物との距離を認識し、接触の可能性があると判断した場合に、始めは音によってドライバーに接触の危険性を伝え、さらに接触の危険性が高まったと判断した場合に自動的にブレーキをかけ、車を停止させるというものである。この障害物との距離を測る専用のカメラが搭載されており、危険時に自動的にブレーキをかけてくれる装置が搭載されている車のことを「ぶつからない車」と謳っている。

スバルの「ぶつからない車」の場合はルームミラーの左右に1台ずつ専用のアシストカメラEyeSight(アイサイト)が搭載されている。


<どれくらい効果があるの?>

「ぶつからない」は「接触事故を起こさない車」と説明したが、実際には100%接触事故を起こさないわけではない。

 つまり、専用のカメラから見えない位置にあるものは認識することができないのである。例えば、死角から突然現れた歩行者や自動車などの障害物をカメラで認識しても、制動距離が足りなければ接触を避けることができないのである。つまり、専用カメラは車内から見える範囲の障害物のみを認識しており、障害物に隠れている障害物まで認識することは不可能なのである。

 そのため、「ぶつからない車」に乗っているからと言って、前方の安全確認を怠っても安心というわけではない。ハンドルを握る際には、かもしれない運転を心掛け、常に安全確認をする必要がある。

 スバルもEyeSight(アイサイト)のことを「運転支援システム」と説明していることからも、あくまで運転の支援をするのみで、完璧ではないことが読み取れるだろう。


<各メーカーが開発しているぶつからない車>

 運転支援システムを搭載した「ぶつからない車」は公に発表していなくても現在多くの自動車メーカーが開発していると思われる。
スバルはCMなどで良く見かけることが多いので認知度が高いが、スウェーデンの自動車メーカーであるボルボや、日産、ドイツの自動車メーカーであるフォルクスワーゲンなどが早い段階で実用化され、日本国内でも出回っていた。

 ここで、「ぶつからない車」に詳しい人は1つの疑問を持つだろう。それはスバルやボルボはブレーキで停止させる機能を搭載しているのに、日産はスピードを減速させて注意を喚起させる機能しかついてないということだ。
 これには法律の問題が絡んでくる。国土交通省はブレーキによる停止機能が付いていると、ドライバーが過信してしまい不注意に繋がる可能性があると判断し、「自動ブレーキによる車の停止」は法律で禁止され、「車のスピードを減速させる」ことのみを許していた。
日産はこの法律によって、自動でブレーキをかけて停止させる「ぶつからない車」を開発することができなかったのである。

 しかし、この法律も技術が進歩するにつれて緩くなっていった。「自動ブレーキによる車の停止」が法律改正によってOKになった時にスバルがEyeSight(アイサイト)を発表することができたのである。そのため、発表の時期が早かった日産の「ぶつからない車」は車の減速のみで、スバルの車は停止まで自動で行う事が出来ているのである。

運転中の不注意による事故や死傷者を減らすためにも、この法律はこれからますます緩くなっていくと思われる。

 日産は公式の場で、60km/hの高速走行なら自動でブレーキをかけて衝突を回避するシステムを開発中と発表している。
ちなみに、現在各メーカーが実用化しているのは30km/h台までのシステムである。
また、現在のEyeSight(アイサイト)は前方のみを捉えるカメラだが、日産が開発している「全方位運転支援システム」は、左右や後方などの前方以外にもセンサーによるアシスト機能がついているものである。


<衝突時の速度と死亡率について>

 交通事故による死亡の確率は当たり前のことだが、速度の速さに比例して大きくなっていく。しかし、ある速度を境に急激に死亡率が高まるのをご存じだろうか。

 その速度は30km/hである。30km/hまでは死亡率が低く、軽傷で済むことが統計的に一番多いと出ている。一方、30km/h以上になると死亡率が急激に高くなるのである。

 現在、実用化されている運転支援システムの多くは速度が30km/h以内の場合に停止することができるが、これでは交通事故による死亡率を激減させることは難しい。
 そのため、日産が現在開発しているような60km/h以内なら停止できる「ぶつからない車」が交通事故による死亡率の激減に大きな役割を果たすことになるだろう。


<今後の普及について>

 まず、間違いなく運転支援システムを搭載した「ぶつからない車」は普及するだろう。近い将来、街中を走っている全車に搭載されている可能性もあるだろう。このシステムが搭載されることで尊い命や交通事故を減らすことができるのは間違いないからである。
現在実用化された車を輩出しているメーカーは数えるほどしかないが、トヨタなども開発を行っていると思われ、様々なメーカーから登場するのも時間の問題だと思われる。

 また、この運転支援システムは、「ぶつからない車」を生み出すだけでなく、高速道路の渋滞などで前車を追走する機能や、ふらつきをドライバーに知らせてくれる機能なども搭載している。このような安全性の向上や運転の負担を軽減させる役に立つ機能が、普及することで、交通事故のない世界を生みだしてくれると願いたい。

 そして、現在「ぶつからない車」の開発を行っているスバルにはさらに安全性の高い「ぶつからない車」を輩出してもらいたい。