ロードスターの基本情報

純粋に車を操る楽しさや、走る歓びを味わいたい人におススメで、手軽にオープンエアを楽しめるマツダのロードスターについて。

 

 

〈歴史〉
ロードスターの歴史は1989年から始まる。現行モデルは2005年から販売が行われている3代目となる。ルーフには幌を使用したソフトトップと、ハードトップを用意している。マツダのロードスターは初代が登場してから現在まで数多くの特別仕様車や限定車が登場している。

〈走行性能〉
純粋に走りを楽しみたい人のためにつくられた車であるが、価格が非常に安いこともあり、動力性能や走行安定性は他のスポーツカーと比べると劣っている。運転席は地面から近い低い位置に設定されているので、体感速度や雰囲気はスポーツカーそのものである。また、手軽にオープンにすることが可能で、好きな時に好きな場所で好きなだけオープンエアを楽しむことができる。

〈実用性〉
走りを追求した車なので、2人乗りで荷室も狭く実用性に乏しい車である。セカンドカーとしてはとても優秀であるがファーストカーとして購入するのはあまり推奨できない。

〈運転のしやすさ〉
運転席の座席位置が低く、ロングノーズなため、車の先端の位置を目視することは難しい。しかし、車体自体はコンパクトなため比較的車両感覚は掴みやすい車である。また、オープン時には視界を遮るものがなく周りを見渡すことができるので、非常に運転しやすい車である。

ロードスターの基本情報

ボディタイプ スポーツ
乗車定員 2名
メーカー希望小売価格 233万円~
JC08モード燃費 11.2~12.6km/L
総排気量 2.0L

ロードスターの主要諸元(グレード:RS/6速MT)

全長×全幅×全高 4020×1720×1245
ホイールベース 2330mm
車両重量 1120kg
最小回転半径 4.7m
エンジン形式 直列4気筒DOHC
総排気量 1998cc
最高出力(kW[ps]/rpm 125[170]/7000
最高トルク(Nm[kgm]/rpm 189[19.3]/5000