お得に中古車査定で買取ってもらえるタイミング

トップページ > 愛車を中古車査定に出すタイミング

愛車を中古車査定に出すタイミング

案外見落としてしまいがちな愛車を査定に出すタイミングに関する情報です。最高のタイミングで愛車を査定に出しましょう。

季節によって価値が変わる!?
「同じ車なんだからいつ出しても同じ価値が付くだろう。」という考えは大間違いです。中古車査定はさまざまな要因によって価格が変動します。例えば、季節が違うだけでも価値が変わります。仮にオープンカーを夏の終わりに査定に出したらどうなるでしょうか?買い手は買取った車を中古車市場に回します。オープンカーが中古車で並んでいても夏の終わりではなかなか次の買い手に渡りません。お店が在庫を抱えるのはコストになります。そのため、中古車会社は在庫を抱えるのは極力避けたいと考えます。それでも査定をお願いされたら査定額を提示しなければなりません。ここまでの情報でもうお分かりかと思いますが、このような場合査定額は下がります。市場で価格を決めるのは需要と供給です。需要が無ければ価格は下がるのです。人気車種が高く買取されるのは需要があるからです。「中古車査定で愛車を高く売るコツ~事前準備編~」の「実は車の購入前から始まっている!?」にボディカラーで査定額が変わると書きましたが、これも需要と供給が関係しています。
2月〜3月はベストなタイミング!?
一般的に、中古車が高く売れるのは2月から3月、特に3月は需要が増えるので高値が期待されると言われています。 ちょうど就職や転職により新生活で車が必要になる人が一番買うのが2~4月ごろだからです。業者も在庫を増やしたいので、高めに買い取ってもらえるようです。
新型が出ると査定額が下がる!?
同じ車種でも数年に一度モデルチェンジやマイナーチェンジが行われます。新型が出ると同時に現行モデルだった車は型落ちとして扱われます。型が落ちるに連れて価値も落ちます。たった1ヵ月という短い期間でも新型が出る前と後では査定額に差が出てしまうのです。少しでも高く買取ってもらうためには、常に新しい情報を収集する必要があります。こまめに一括査定をして愛車の価値の変動をチェックするのも1つの有効な手段かもしれません。
査定会社・中古車会社のニーズによって査定額が変わる?
査定額を決めるのは需要と供給です。仮にスポーツカーを査定に出したとします。もし中古車会社が同じようなスポーツカーの在庫を何台も抱えていたとしたらこれ以上スポーツカーは欲しくないと考えます。そのスポーツカーと在庫が全く同じモデルならなおさら欲しいとは思いません。逆にスポーツカーが売れてしまい在庫がない状態なら、ぜひとも買取したいと思うでしょう。同じ会社でもタイミングによってニーズは異なります。そのため、一括査定をすることでタイミングが悪いことによる査定額低下のリスクを分散することができます。また、定期的に一括査定をすることで良いタイミングを逃すことが減るかもしれません。
売却を決めたらなるべく早く査定に出す
売ろうと思ったら、少しでも古くなる前に売ることが大切です。新しい車の方が高く売れます。特に人気車種は新しいものは高く売れます。 走行距離が多くなったり、車庫での保管期間が長いと見た目の劣化や車内の汚れも増してしまい、査定結果に影響を与えます。できるだけきれいに車を扱うことも大切ですが、売却を決めたらなるべく早く行動に移すことも大切です。
車検が切れるタイミングで査定を行う
新車の場合は3年目、それ以降は2年に1回の義務付けがされている車検ですが、車検に必要な法定費用はかなりかかります。 自動車重量税や検査手数料、自賠責保険などなど様々な項目で費用が発生してしまいます。自動車は維持費がかかると良く言われていますが、車検時に必要な費用が維持費の中でも大きなウェイトを占めています。愛車の売却を考えているのなら、車検を通す前に売るのがおすすめです。
走行距離と査定額の関係
走行距離が多ければ多いほど査定額が低くなるのは当然です。そんな当たり前のことではなく、ここで知って頂きたいのは30,000kmと50,000kmの壁です。例えば49,000kmから51,000kmの2,000kmの査定額の差と、51,000kmから53,000kmの2,000kmの査定額の差を比べた場合、前者の開きの方が大きくなります。30,000kmと50,000kmは中古車市場では重要なポイントになります。もし、手放そうとしている愛車の走行距離が30,000kmまたは50,000kmの手前なら、超えないように注意した方が高く買取ってもらえるでしょう。
まとめ
中古車査定はさまざまな要因によって価格が決まるということを説明してきました。夏終わりのオープンカーや冬終わり4WD、ゴールデンウィーク後のミニバンなど時期によっては査定額が下がります。それなら1年先送りにしようと考えた結果、その1年間に新型車が出てしまいさらに査定額が下がるなんてことも考えられます。その1年間で距離が30,000kmを超えてしまうかもしれません。車検もありますし、傷やへこみを増やしてしまう可能性もあります。市場のニーズも刻一刻と変わっていきます。つまり、ベストなタイミングを見極めるのは不可能に近いのです。そこで、一括査定が非常に有用になってきます。ベストなタイミングを見極め、常に愛車の本当の価値を知ることはとても大切です。無料の査定に出したからといって買取まで行う必要はありません。査定額に満足をしたら、その場で買取ってもらうのも1つの手段ですし、満足いかない査定額なら継続して乗るのも良いでしょう。愛車をお持ちの皆様には、定期的に一括査定を行い、自分でベストなタイミングを見つけていくことを推奨します。