ドライブを最高の時間にする

トップページ > ドライブを最高のものにするために

ドライブを最高のものにするために

友人や恋人同士、家族など、さまざまなドライブシーンに対応する「ドライブを楽しむ」方法が満載です。

はじめに
遊びや旅行、デート、通勤、仕事、買い物などさまざまな用途で使うことの多い車。車を運転するのが苦痛だと感じている人も少なからずいるはずです。しかし、車は今や生活に欠かすことのできないものであり、免許を持っていれば嫌でも運転する機会は訪れるもの。そこで今回はドライブを楽しむための方法をご紹介します。
安全第一
当たり前のことですが安全第一のドライブを心掛けてください。事故を起こしてしまえば最悪な思い出になるのはもちろんのこと、大切なものを失ったり奪ったりしてしまう可能性があります。ドライブを楽しむためには安全第一を心掛けてください。身近なことから始めましょう。同乗者にシートベルトをさせるのも運転手の役目です。事故を起こして同乗者にもしものことがあれば責任は運転手にあります。同乗者の身を守るためだけでなく、自分の身も守るためにシートベルトをするように促してください。また、小さなお子様がいる場合にはチャイルドシートを装備する等、適切な処置を施してください。他にも、疲れを感じたらこまめに休憩をとったり、スピードの出しすぎに注意したり、当たり前のことを当たり前に行うことで事故を軽減することが可能です。まずは安全第一を心掛けてください。もし、ドライブでスリルを味わいたいという人がいれば、サーキットなどで走り、他人に迷惑をかけないようにしてください。ルールは守りましょう。
BGMはドライブに欠かせない
音楽は雰囲気をつくるのに有効な手段の1つです。気分や同乗者に合わせて音楽を変えることで最高のドライブを演出することができます。友人や同僚とドライブをする場合はみんなが知っている曲を流して歌うのも良いですし、音量を小さくして会話を楽しむのも良いでしょう。恋人とドライブをするときはロマンチックな曲を流すことで良い雰囲気を演出できるかもしれません。家族でドライブをするときはお子さんの好きな曲を流すのも良いでしょう。1人でのドライブは眠いときにはテンションの上がる曲を聴いたり、自分の好きな曲を聴いたり、誰にも邪魔されない空間を楽しむための手段としてBGMは欠かせません。現在の車はCDやMDだけでなくiPodなどの音楽プレーヤーを繋ぐこともできるので、手軽に数多くのBGMを用意することが可能になっています。あとは車と音楽プレーヤーを繋ぐ端子やコードをしっかりと準備しておきましょう。
車内を快適に過ごせるような備品を用意しておく
ドライブをするということは車内で過ごすことになります。そんな車内に準備しておくと便利で快適に過ごせるものを紹介します。まずは酔い止め。同乗者の中には車酔いをする方がいるかもしれません。車酔いをした方はもちろん、周りの人間もドライブを楽しむことができなくなります。そのため酔い止めは必ず用意しておきましょう。小さなお子さんがいる家庭では簡易トイレを準備しておくと良いでしょう。簡易トイレを1つ用意してあるだけで予想外の渋滞に巻き込まれても、焦らずに済みます。また、お菓子を用意しておくことも推奨します。ドライブが苦痛なものにならないようにすることもドライバーの役目です。ティッシュやウェットティッシュを常時車内に置いておくことも推奨します。同乗者の中には疲れて寝てしまう人がいるかもしれません。小さな車内では座席ごとに温度設定を変更することが難しく、起きている人には最適な室温でも寝ている人にとっては肌寒く感じるかもしれません。タオルケットを1枚用意しておくだけで寝ている人にとっては快適なドライブに繋がります。ドライブを快適に過ごすために必要な備品は人それぞれ違うと思うので、何度もドライブを繰り返して自分なりに研究し、最高な室内空間を創り上げてください。